カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ) 書籍の解説

龍樹(ナーガールジュナ)の中論をわかりやすく解説【「空」の思想】

今回は、龍樹(ナーガールジュナ)の「中論」をわかりやすく解説したいと思います(中村元『龍樹』講談社学術文庫より)。 「中論」というのは、仏教の「空」の思想の解説書みたいなものです。 般若心経の「色即是空・空即是色」を論理 […]

カテゴリー
アドヴァイタ(不二一元論) 書籍の解説

ウパデーシャ・サーハスリーをわかりやすく解説【シャンカラ】

今回は、シャンカラの「ウパデーシャ・サーハスリー」という本の解説をしてみようと思います。 シャンカラと言えば、西暦700年〜750年頃に活動した不二一元論(アドヴァイタ)の創始者です。 シャンカラには多くの著書があるよう […]

カテゴリー
ラマナ・マハルシ 書籍の解説

ラマナ・マハルシの伝記【書籍の解説】

アーサー・オズボーン著「ラマナ・マハルシの伝記」という本を読んでみました。 伝記なのですが、必ずしも時系列順に書かれているわけではなく、テーマ別に書かれています。 僕としては、時系列順に書かれていたほうが好みでしょうか。 […]

カテゴリー
ラマナ・マハルシ 書籍の解説

ラマナ・マハルシ「私は誰か?(Who am I?)」【書籍の解説】

ラマナ・マハルシには「私は誰か?(Who am I?)」という小冊子があります(日本では「あるがままに」の巻末に収録)。ラマナ・マハルシと、帰依者であるシヴァプラカーシャム・ピライとの間で問答された内容がまとめられたもの […]

カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ) 書籍の解説

ブッダは、本当に「八正道」を語ったのか?

今回は、Aさんからリクエストを頂きまして、ブッダの「八正道」についてお話したいと思います。 八正道というのは、ブッダが説いた、悟りに至る道だと言われています。 僕は、八正道のことを、シンプルに「瞑想的な日常生活」と表現す […]

カテゴリー
書籍の解説

聖なる科学/スリ・ユクテスワ

うちの妻が、スリ・ユクテスワの「聖なる科学」という本を買っていたようで、僕に読めと言ってきました。 Amazonではずっと売り切れ中のイメージがあったのですが、今は普通に買えるんですね。 「聖なる科学」というと、以前、A […]

カテゴリー
アドヴァイタ(不二一元論) 書籍の解説

ラメッシ・バルセカールの言う「理解のトンボ返り」とは?

ラメッシ・バルセカールは、「理解のトンボ返り」という言葉を使います。 非二元論の教えを聞いて、真理を理解したと思ったのに、突如として、そうは思えなくなってしまう現象のことですね。 「私は存在しない。はずなのに、ものすごく […]

カテゴリー
書籍の解説 真我探求

バガヴァッド・ギーターを、わかりやすく解説

バガヴァッド・ギーターという聖典は、とても稀有な存在です。 というのも、二元論的な思想を持つ人々に支持されるのは当然なのですが、非二元論的な思想を持つ人々にも支持されているからです。 例えば、不二一元論を提唱したシャンカ […]

カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ) 書籍の解説

スッタニパータは、本当にブッダの言葉か?

最古の仏典は「スッタニパータ」だと言われています。 岩波文庫からは「ブッダのことば」というタイトルで出版されています。 ブッダは、自身の生存中には、経典といったものを、作らなかったし、作らせなかったそうです。 なので、ス […]