カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ)

八正道の実践が、なぜ、悟りや涅槃につながっていくのか?

※八正道について考察し直した記事「ブッダは、本当に「八正道」を語ったのか?」もあります。 仏教には、 八正道(はっしょうどう)という言葉があります。 今風に言えば、 ライフスタイルのガイドラインみたいなものでしょうか? […]

カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ)

「一切皆苦」の言葉の意味。すべては苦しみだというのは間違い?

仏教には 「一切皆苦(いっさいかいく)」 という言葉があります。 この言葉。 ものすごくネガティブに感じられますよね。 なので、間違いなのではないかと思っている人もいると思います。 実際のところ、 どういう意味で使われて […]

カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ)

四向四果という悟りの概念について思うこと。

仏教では、 悟りの段階というのが、 明確に区別されています。 その段階のことをあらわした言葉が、 「四向四果(しこうしか)」です。 悟りの段階によってあらわれる特徴が、 言葉によって説明されています。 でも、これって注意 […]

カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ)

どうすれば預流果に到達することができるのか?

仏教では、悟りの最初の段階を 「預流果」と呼んでいます。 「よるか」と読みます。 聖者への道に入ることとも言われています。 聖なるものを預かって流れていくという感じでしょうか。 そんな預流果。 どうすれば到達することがで […]

カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ)

涅槃(ニルバーナ)ってどういう状態?

仏教には涅槃(ねはん)という言葉があります。 英語ではニルヴァーナです。 ブッダの体が死んだときのことを涅槃ということもあるみたいですね。 そのときの様子を絵にした涅槃図というものもあります。 涅槃図をWikipedia […]

カテゴリー
仏教(ゴータマ・ブッダ)

ゴータマ・ブッダの遺言「自灯明、法灯明」とは?

ゴータマ・ブッダの最後の言葉に 「自灯明、法灯明(じとうみょう、ほうとうみょう)」というものがあります。 「自らを拠り所にして生きなさい、法を拠り所にして生きなさい」というような意味です。 一体どんな意図があるんでしょう […]