モノは整理しようとするのではなくて捨てる。

もう年末ですね。

年末といえば大掃除。
めんどうなので腰が重いという人も多いと思います。

ちなみに僕は、年末の大掃除はしません。
大掃除するほどのモノがないからです。

というわけで、
モノは整理しょうとするのではなく捨てるほうがいいというお話をします。

モノを整理しようとすると、モノが増えるというワナ。

モノは整理しようとするのではなくて、
捨てた方がいい理由。

それは、整理しようとすると、
反対にモノが増えてしまうからです。

そう、収納家具や収納道具です。

確かに、モノを置くことができる総面積は、
それによって増えるかもしれません。

でも、家全体の空間としてはどうでしょうか。
収納家具や収納道具によって、
空き空間は減ってしまうのではないでしょうか。

例えば、壁一面を収納にした場合、
モノを置ける面積は増えますが、

その分、空き空間が減ってしまって、
圧迫感を感じるかもしれません。

どこに収納したのか忘れるというワナ。

そして、僕が思う、
モノを整理しようとすることの最大の問題点。

それは、どこに何を収納したのか忘れるということです。

いざ、アレが必要というときに、
どこに収納したのか忘れてしまうんです。

「あれ?どこに仕舞ったかなあ?」
ってなってしまうんですね。

だれしもが経験したことがあるんじゃないでしょうか。

そして、最悪なのが、
結局そのモノが無かったときです。

あると思っていたモノが無かった。
探していた時間はまるまるムダになります。

その点、整理するまでもないぐらいのモノの量であれば、
探しモノは簡単です。

探すまでもなく、目に見える位置にそれが置いてあったりしますし、
なによりも、それが無いということにもすぐに気付けます。

ここに無いということは家の中どこを探したって無いということになるんですね。

存在を忘れるぐらいのモノは捨ててしまってもいいのでは?

そして、極めつけは、
モノの存在を忘れてしまうということです。

例えば、洋服を収納してあるクローゼット。

どんな洋服が収納されているのか、
全部思い出せるでしょうか?

全部を思い出せるという人はほとんどいないかもしれません。
特に女の人は難しいかもしれませんね。

そんな、存在を忘れられてしまった洋服たち。
ちょっと可哀想かもしれません。

着られることを目的に作られたのに、
ずっと着られずにクローゼットの中に押し込められます。

だって、持ち主に存在を忘れられてしまっているんですから。
それだったら捨ててあげたほうが、
洋服のためにもいいかもしれません。

なぜ、捨てられないのか?

「捨てたほうがいいことは分かっているけれども、なかなか捨てられない!」
そんな人は多いと思います。

頭では分かっているんだけれども、
感情が邪魔するという状態ですね。

それには理由があります。
モノを、過去と未来に結びつけて考えてしまっているからです。

いつか使うかも。思い出の品。

モノが捨てられない2大理由。

それは
「いつか使うかもしれないから今捨てるのは勿体ない!」と
「思い出の品だから捨てられない!」です。

「いつか使うかもしれないから今捨てるのは勿体ない!」というのは、
未来とつながっています。

例えば、紙袋。
いつか使うかもということで溜め込んでいる人も多いと思います。

でも、実際に使うことはあるでしょうか?

中には頻繁に使うという人もいると思うので、
そういった人は溜め込んでもいいと思います。
だって、実際に使っているんですから。

でも、いつか使うと思っているんだけれども、
実際には使っていないという人も少なくないはずです。

年に1回も使わないとか。

そして、「思い出の品だから捨てられない!」というのは、
過去とつながっています。

過去を思い出すたぐいの品ですね。
たしかにこれは捨てづらいです。

僕もそういうモノは捨てづらいなあと感じることがあります。

例えば、小学校、中学校や高校のときの卒業アルバム。
僕は持ち物が少ないほうなのですが、
これだけは残ってしまっています。

普段はその存在すら忘れてしまっているし、
実家に置きっぱなしになっています。

実際にアルバムを開けることは10年に1回あるかどうかなのではないでしょうか。

捨ててしまってもいいとは思うのですが、
なかなか実際に捨てるというところまでいかなかったりします。

モノに家賃を支払っているという視点。

ここでひとつ、
モノを捨てたくなるような視点をお教えします。

それは、モノに家賃を支払っているという視点です。

例えば、部屋の中の1部屋を、
物置として使っているという人もいるかもしれません。

それって、モノに家賃を支払っているということと同じではないですか?

例えば、家賃が15万円の2LDKだった場合、
1部屋を物置として使っていたら、
モノに月3〜4万円ぐらいの家賃がかかっているかもしれません。

ちょっともったいないと感じるかもしれません。
だったら、「必要なときに紙袋を買うよ!」と思うかもしれません。

あの世には持っていけない。

そして、思い出の品。
思い出の品って生きている限り増え続けてしまいます。

そして、ここ重要です。
あの世には持っていくことができません。

どっちにしても、どこかで捨てなければいけない時がきます。
違いは、自主的に捨てるのか、強制的に捨てさせられるのかの違いです。

強制的に捨てさせられるのであれば、
自主的に捨てたほうがスッキリするかもしれません。

関連記事:僕たちは生きながらにして輪廻転生しているのではないか?

退屈を恐れる感情。

そして、ちょっとビックリするかもしれませんが、
モノが捨てられない理由には、
退屈を恐れる感情というのがひそんでいたりします。

だって、モノがなにもない、
ガランとした部屋を想像してみてください。

自分の気をひくものが部屋のなかになにもない状態です。
たぶん、退屈すると思います。

それを避けるために、
思い出の品を置いてみたり、
紙袋を溜め込んでみたりしている可能性があります。

そうすることによって、過去を思い出したり、未来を心配してみたり、
思考を活性化することができます。

退屈せずにすむということですね。
よ〜く自分の思考を観察してみてください。

まとめ

というわけで、
モノは整理しようとするのではなく、
捨てたほうがいいというお話をしました。

どこに何を収納したのかを忘れてしまうというのは結構大変です。

特に書類。

どこに収納したのか、
それとも捨ててしまったのか、
それを確認するために部屋の中すべてを探さないといけないとなるととても大変です。

でも、モノがそもそも少ない場合には、
探す場所が限られます。

探しモノをするときにとても便利ということですね。
これって仕事の効率化にも関わってきます。

そして、モノが捨てられないのには、
退屈を恐れる感情がかかわっていると言いました。

だって、モノがないと、
それを見て反応するということができなくなっちゃいますもんね。

ということはですよ。

退屈を楽しめるようになれば、
自然とモノは減っていくということでもないでしょうか。

関連記事:退屈を楽しめるようになったほうがいい理由。