「私の中に世界がある」ってどういうこと?

「私の中に世界がある」
「あなたの中に世界がある」

ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジがよく使う言葉です。

この言葉、
あなたはどう受け取るでしょうか?

なにか深遠な意味があるように感じるでしょうか?

実のところ、この言葉は、
これ以上ないぐらい直接的な言葉です。

これからお話することは、
多くの人にとっては受け入れがたいことだと思います。

理解することはできるかもしれません。
でも、納得はしないでしょう。

誤解を招く可能性もあります。

でも、「私は在る」「至福(アーナンダ)」は理解しているんだけど、
なんだか世界との分離感が残るという人にとっては、
これからお話することは役に立つ可能性があります。

僕の真理の探求は、
この理解によって終わりました。

お話します。

“「私の中に世界がある」ってどういうこと?” の続きを読む

「空(くう)」の意味、ものすごく分かりやすく解説

仏教で使われる「空(くう)」という概念。

どんな意味だか分かりますか?

空について解説した書籍やWebサイトはたくさんあると思います。

でも、どれを読んでも、
「だから何?」という感想になってしまうのではないでしょうか?

抽象的だし、それが、実生活とどう結びつくのかが理解しにくいんです。

なので、ここでは空について、
極力、具体的に、
実生活でどのように関わるのかについてお話したいと思います。

“「空(くう)」の意味、ものすごく分かりやすく解説” の続きを読む

理想的な世界ってどんなもの?

理想的な世界ってどんなものだと思いますか?

ほとんどの人は、少なからず、
理想的な世界のイメージを持っているんじゃないでしょうか?

例えば、「戦争のない世界」「差別のない世界」「貧困のない世界」「喜びに満ちた世界」などなど。

もっと具体的なイメージを持っている人もいると思います。

一体、理想的な世界ってどんなものなんでしょうか?

“理想的な世界ってどんなもの?” の続きを読む

人間の心はAI(人工知能)みたいなもの?

数年前から、
AI(人工知能)という言葉がよく使われはじめました。

2020年に実用化されるという、
車の自動運転にもAIが使われています。

今後、人類の未来を変えていくことになるであろうAIなのですが、
人間の心もAIみたいなものだと言ったらどう思いますか?

“人間の心はAI(人工知能)みたいなもの?” の続きを読む

自分自身を「明け渡す」とか「手放す」ことはできません

探求の世界では「明け渡す」とか「手放す」という言葉が良く使われたりします。

例えば、「エゴを手放す」とか「思い込みを手放す」とか「神に自分自身を明け渡す」とかですね。

でもでも、自分自身を「明け渡す」とか「手放す」ということはできません。

“自分自身を「明け渡す」とか「手放す」ことはできません” の続きを読む

瞑想をすると死の恐怖は消えるのか?

人は生まれたならば、必ず、死ななければいけません。
だれしもに平等に訪れるもの。それが死です。

多くの人は死を恐れ、そして、死の恐怖から逃れられる方法を求めます。

そのひとつの方法として「瞑想」が取り上げられることがあります。
瞑想をすると、本当に死の恐怖は消えるんでしょうか?

“瞑想をすると死の恐怖は消えるのか?” の続きを読む

湯シャンを成功させたいなら皮脂の「質」が変わるまで続けること

僕は湯シャンをしています。

湯シャンを初めて始めたのは4〜5年前です。

 

でも、結婚を期に一度辞めています。

妻に「髪ちゃんと洗って!」と言われたわけではないのですが、なんとなく辞めてしまいました。

 

でも、半年前からまた湯シャンを再開しています。

 

それで思ったこと。

それは「やっぱり湯シャンは楽でいい!」ということです。

 

湯シャンを成功させるにはコツがあります。

それは、皮脂の「質」が変わるまで続けることです。

フケにも頭皮のニオイにも悩まされません。

 

お話します。

 

“湯シャンを成功させたいなら皮脂の「質」が変わるまで続けること” の続きを読む

仏教の「十二縁起(十二因縁)」の本当の意味とは?

仏教には
「十二縁起(じゅうにえんぎ)」もしくは
「十二因縁(じゅうにいんねん)」という言葉があります。

12の要素によって、
人は苦しんだり、
輪廻転生を繰り返すと言われています。

その12の要素の意味についてお話しします。

“仏教の「十二縁起(十二因縁)」の本当の意味とは?” の続きを読む