カテゴリー
お知らせ

「空白JPアーカイブ2021+」紙の本&電子書籍を出版しました

空白JPの記事をまとめた紙の本&電子書籍(Kindle)「空白JPアーカイブ2021+(Amazonへ移動します)」を出版しました。

2021年に空白JPに投稿したすべての記事に加えて、2018年に投稿した記事の中から1記事を抜粋して収録しています。

書き下ろしの特別記事「僕にとって最後の執着となったもの」(2万文字ほど)も収録しています。

僕の探求の過程をかなり具体的に語った記事になっています。

もしかすると、「これって本当に真理の探求と言えるの?」と感じる人も少なくないかもしれません。

ちなみに、今年は紙の本でも出版しました。

紙の本は価格がどうしても高くなってしまうし、個人で出版するには色々と面倒なこともあります。

なので、もともと紙の本を出版するつもりはありませんでした。

でも、去年の後半あたりから、Amazonが個人でも紙の本を出版できるというサービスを開始したので、それを利用してみることにしました。

プリント・オン・デマンドという仕組みだそうで、注文がある都度に、本のデータを印刷して製本して発送するという仕組みだそうです(それで翌日配達というのがすごい)。

僕はデータだけ用意すればいいので、感覚としてはKindle本(電子書籍)の延長線上みたいな感じです。

とはいえ、価格が高くなってしまうことには変わりありません。

空白JPアーカイブ2021+(ペーパーバック)は4340円します(後述しますが、2983円でも買えるようになりました)。

1冊ずつ製本するので割高ということに加え、空白JPはページ数がかなり多いので製本代がどうしても高くなってしまいます。

とはいえ、紙の本のリクエストを頂いたこともありますし、欲しいという人もいるかなと思い、対応してみることにしました。

なので、せめて読みやすさには多少こだわりました。

高いお金をだして買ったにも関わらず、読みづらかったら残念ですよね。

3回ほど校正のための本を注文して微調整を繰り返しました。

本のサイズは四六判と呼ばれる一般的なサイズです。

『ラマナ・マハルシとの対話』と同じサイズと言えばいいでしょうか。

ちなみに、市販の本のような表紙カバーはありません。

学校の教科書のような仕上げですね。

表紙は光沢のある表紙と、マットな表紙を選ぶことができます(製作者はということですが)。

どちらも注文して確認してみたのですが、光沢がある表紙の方がしっくりときたため、光沢のある表紙にしました。

こんな感じです。

それにしても分厚い…… 最終版はこれよりもうちょっと厚いです(写真で見るより厚く感じるかもしれません)。

ラメッシ・バルセカールの著書で「意識は語る」という分厚い本があるのですが、その厚みとほぼ同じです。

文字サイズを小さくして、行間も狭くして、余白も少なくすれば、今の価格よりも1割ぐらいは安くすることができるかもしれません。

でも、その結果、読みにくくなってしまったら本末転倒ですよね。

紙の本が読みたいという人は、おそらくは電子書籍やブログだと読みづらいと感じる人だと思います。

なので、読みやすいと感じる文字サイズ、行間、余白にはこだわりました。

ページ番号の横には投稿月とタイトルなどのナビゲーションも入れています。

ちなみに、最終版ではページ番号とナビゲーションの部分を2mmほど上にズラしています(下の余白の中央にくるように)。

また、空白JPでは他の本を引用することも多いです。

なので、引用部分は視覚的にも分かりやすいように、ぶら下げインデントと呼ばれる処理にしました。

こんな感じに、引用部分は本文よりも数段下に下げています。

ちなみに、僕のところに入ってくる印税の額は、Kindle版を購入しても紙の本を購入しても1円単位まで同じになるように設定してあります。

もしかすると、「紙の本の方が高いから、その分、山家のところにも多くいくのでは?」という理由で紙の本を購入しようとしてくれる方もいるかもしれませんが、そんなことはないのでお好きな方を選んでみてください。

また、Kindle Unlimitedの会員の方は、読み放題対象で読むことができます。

もちろん、書き下ろしの特別記事以外はブログでも引き続き読むことができますが、購入していただけるなら嬉しいです。

空白JPアーカイブ2021+(Amazonへ移動します)

空白JPアーカイブ2020+(Amazonへ移動します)

【2022年7月追記】

Amazonにて著者用コピーというサービスが始まりました。

簡単に言えば、僕が注文代行することによって、3割ほど(Amazonの取りぶん分)安く買うことができます。

空白JPアーカイブ2021+(ペーパーバック):4340円→2983円

空白JPアーカイブ2020+(ペーパーバック):3840円→2711円

今までも校正用コピーは注文することができたのですが、「再販禁止」という帯が印刷されてしまっていました。

一方、著者用コピーは製品版と同じものです。

そして、再販しても良いようです。

・PayPalで僕と決済していただく必要がある(クレジットカード可)

・お届け先のお名前と住所を教えていただく必要がある

・〝通常5日以内に発送します〟というステータスから始まり、届くまでの日数にばらつきがあります(今までの経験上でいうと最短2日〜最長7日)

といった注意点はあるのですが、気になる方はお問い合わせからご連絡ください。

作成者: 山家直生

空白JPアーカイブ2020+」「空白JPアーカイブ2021+」紙書籍&電子書籍(Kindle)も出版しています。

Twitterもやっています。

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。