カテゴリー
探求

一瞥体験は必要でしょうか?それとも不要?

このブログで、「一瞥体験」という言葉を使うのは初めてだと思います。 僕は、この言葉をほとんどといってもいいほど使いません。 あまり、その重要性を感じないからです。 後でもお話しますが、僕は一瞥体験をしていないと思います。 […]

カテゴリー
探求

カルマを消す方法、カルマを積む方法

探求の世界では、「カルマ」という言葉がちょくちょくとでてくると思います。 仏教では「業(ごう)」と呼ばれたりもしますね。 この「カルマ」という言葉。 浄化という言葉とセットで使われることが多いんじゃないでしょうか? 「カ […]

カテゴリー
探求

赤ちゃんは悟っているのか?【無明とは?】

よく、「赤ちゃんは悟ってる」とか言われることがあると思います。 「赤ちゃんは、マスターだ」とか。 まだ、物心つかない子供とかもそうですね。 そう言われると、「じゃあ、赤ちゃんみたいになればいいのかな?」と思う人もいると思 […]

カテゴリー
探求

「No」にも「Yes」を【ジャッジしないという意味】

探求というか、スピリチュアルな世界では、「ジャッジ」という言葉がでてくることがあると思います。 「ジャッジをしないように」とか。 でも、この言葉。 スピリチュアルな言葉の中でも、1位、2位を争うほど、誤解されている言葉で […]

カテゴリー
探求

どうすれば「世界は実在している」という認識は崩壊するのか?

探求の終わりには、「世界は実在している」という認識が崩壊します。 「私は在る」とは何か? 「ハート」とは何か? を理解した人にとって、最後に残っているのが、この認識の崩壊です。 これが起こるまで、少なからずの分離感が残り […]

カテゴリー
探求

真理の探求に、師は必要か?【サットグルとは?】

真理の探求において、「師(グル)」というのは必要なんでしょうか? グルというと、なんか宗教っぽいですが、言ってみれば「先生」とか「教師」ということですね。 僕も、以前、このことに頭を悩ませていたことがありました。 「師は […]

カテゴリー
探求

ラマナ・マハルシは意志を持つのか?【意志とハート】

ラマナ・マハルシの本を読んでいると、「ラマナ・マハルシは平等主義者なのかな?」って思われるエピソードが書かれていたりします。 例えば、食事。 ごはんの量が、みな、平等であることにこだわっていたようです。 アシュラム内で、 […]

カテゴリー
探求

真理を悟りたいという欲求は、探求の障害になるのか?

よく、「真理を悟りたいという欲求は、探求の障害になる」と言われたりします。 探求の世界では、この言葉は、大きな市民権を得ているように思えます。 でも、一方で、「顔を水の中に沈められたときに、空気を求めるがごとく、激しく真 […]

カテゴリー
探求

今すぐ苦しみを手放す方法【理想論】

人生には、苦しみが付きものです。 今まで生きてきた中で、1度たりとも苦しんだことがないという人はいないでしょう。 どんなに恵まれた環境に生まれた人でも、苦しんだことがない人はいないはずです。 ブッダこと、ゴータマ・シッダ […]

カテゴリー
探求

世界は幻想なのか?

「世界は幻想である」と言われると、あなたはどんな風に思うでしょうか? 目の前の机をコンコンッと叩いてみて「この机が幻想だとは思えないな〜」と思うかもしれません。 はたまた、手に握っているスマホの感触を感じて「このスマホが […]