カテゴリー
探求

料理がまずいのは、レシピのせいか?料理人のせいか?

ご安心ください。 真理についての話です。 今回は、ちょっと切り口を変えて、料理を例に、真理を悟るための方法論(レシピ)の是非について、お話してみようかと思います。 実は、僕は、ほんの数ヶ月の間だけですが、料理教室に通って […]

カテゴリー
探求

苦しみに飽きるための感じ方

僕は、このブログの中で、苦しみには飽きることができるということを良く言います。 でも、「本当に、飽きることなんてできるの?」って思う人もいると思います。 極端な話をすれば、車を運転していて、故意ではないにしろ、人を轢いて […]

カテゴリー
探求

バガヴァッド・ギーターを、わかりやすく解説

バガヴァッド・ギーターという聖典は、とても稀有な存在です。 というのも、二元論的な思想を持つ人々に支持されるのは当然なのですが、非二元論的な思想を持つ人々にも支持されているからです。 例えば、不二一元論を提唱したシャンカ […]

カテゴリー
探求

ニルヴィカルパとサヴィカルパ【サマーディ】

真理の探求では、「サマーディ」という言葉がよく出てくると思います。 仏教では「三昧(さんまい)」でしょうか。 そして、ひとくちにサマーディといっても、いろんな種類があったりします。 僕は、すべてのサマーディを知っているわ […]

カテゴリー
探求

真理を悟るには、霊性を高めなければならない?

真理の探求と、「霊性」は、切っても切れない関係性にあるかもしれません。 「真理を悟るためには、霊性を高めなければならないのでは?」と思う人は、少なくないのではないでしょうか? もちろん、僕も、そう思っていたことがありまし […]

カテゴリー
探求

「苦しみ」と「退屈」を避けないこと

このブログに、なにかひとつの主張があるのだとすれば、これです。 「「苦しみ」と「退屈」を避けないこと」です。 もちろん、多くの人が、これを避けたがるというのもわかります。 むしろ、「避けて当然でしょ」って思うんじゃないで […]

カテゴリー
探求

「私は在る」をインスタントに悟る方法

まず、はじめに謝っておきます。 もし、インスタントに悟れなかったらごめんなさい。 我ながら、煽り気味なタイトルをつけてしまいました。 「私は在る」という感覚は、瞑想を通して理解していくのが王道です。 でも、「私は在る」と […]

カテゴリー
探求 死の恐怖

「虚無(絶対無)」を唯一の「有」と見抜く

前回の「死の恐怖は、どこからやってくるのか?」の続きです。 前回、「虚無とは、唯一の有のことです。」という言葉で、締めくくりました。 これは、なかなか理解し難いんじゃないでしょうか? 「それって、「空」のこと?」って思う […]

カテゴリー
探求

悟るための方法論は、存在しないのか?

「悟るための方法は、存在しない」と言われることがあります。 悟ろうと努力することは、無意味だというニュアンスで、使われることが多いように思います。 その努力こそが、悟れない原因だと。 一方で、悟るための方法を、提示する人 […]

カテゴリー
探求

覚者と聖者はどう違う?

先日、うちの妻に「聖者と覚者って何が違うの?」という、とても素朴な質問をされました。 確かに、その違いって分かりづらいかもしれません。 「どっちも同じような意味?」って思うかもしれません。 でも、微妙に、結構違います。 […]