カテゴリー
サマーディ ラマナ・マハルシ

サハジャ・ニルヴィカルパ・サマーディとは何か?【自然な状態】

ラマナ・マハルシの本を読んでいると、〝サハジャ〟という言葉が良く出てきたりします。ラマナ・マハルシの本に限らず、インドの覚者・聖者に関する本にはよく登場するかもしれません。サハジャとは〝自然な〟という意味なのですが、大抵 […]

カテゴリー
ニサルガダッタ・マハラジ 私は在る

ニサルガダッタ・マハラジの名言【私は在る、それ以外はすべて推測だ】

今回は、独断と偏見で、ニサルガダッタ・マハラジの名言をピックアップしてみたいと思います。 私が偽りなく言えることは、「私は在る」だけだ。それ以外はすべて推測だ。 『I AM THAT 私は在る』(ナチュラルスピリット刊) […]

カテゴリー
ゴータマ・ブッダ

ブッダは、なぜ〝目覚めた人〟と呼ばれるのか?

ブッダは〝目覚めた人〟と呼ばれています。ブッダというのは、必ずしも、ゴータマ・シッダールタという個人を指すわけじゃありません。〝目覚めた人〟全員がブッダです。でも、なぜ〝悟った人〟ではなく〝目覚めた人〟というんでしょうか […]

カテゴリー
ゴータマ・ブッダ ラマナ・マハルシ

仏教の悟りと、ラマナ・マハルシの悟りは同じなのか?

近年で、悟った人と言えば、インドのラマナ・マハルシが有名です。なので、仏教徒の中には、「仏教の悟りと、ラマナ・マハルシの悟りは同じなのだろうか?」と気になる人もいるかもしれません。僕も、気になっていた時期がありました。 […]

カテゴリー
ラマナ・マハルシ

ラマナ・マハルシの言葉【瞑想は自我を保たなければできません】

今回は、ラマナ・マハルシの言葉を、独断と偏見でピックアップしてみたいと思います。 「瞑想は自我を保たなければできません」という言葉です。 どちらかといえば地味な言葉だと思います。 ラマナ・マハルシと言えば、「私は誰か?」 […]

カテゴリー
ラマナ・マハルシ 悟りと真理について

バーチャルリアリティの中心で、「私は誰か」をさけぶ

今回は、バーチャルリアリティの世界を舞台に、ちょっとした思考実験をしてみたいと思います。 「レディ・プレイヤー1」という映画があります。 スティーブン・スピルバーグ監督の作品で、荒廃した近未来(2045年)を舞台にしてい […]

カテゴリー
Q&A ラマナ・マハルシ

ラマナ・マハルシの「至高の力にすべてを任せる」とはどういうことか?【Q&A】

今回は、KWさんから頂いた質問メールを公開したいと思います。 KWさん、ありがとうございます。 ※今回は6500文字ほどの長文です。 KWさんからの質問 お久しぶりです。KWです。マハルシの言葉でわからないのことがありま […]

カテゴリー
ラマナ・マハルシ 意識

なぜ、ラマナ・マハルシは「すべては意識である」とは言わないのか?

真理についての本を読んでいると、「すべては意識である」という言葉をよく見かけます。 本の帯に使われていたり、キャッチコピーに使われていたり、まるでそれが答えであるかのように扱われているのではないかと思います。 でも、ラマ […]

カテゴリー
特選10記事 覚者・聖者 退屈

OSHOの名言【退屈から逃れる道はない】

今回はOSHOの名言を、独断と偏見でピックアップしてみたいと思います。 「退屈から逃れる道はない」という言葉です。 OSHOのJOYという本の中にでてきます。 OSHOに詳しい人であれば、「他にも名言があるでしょ」と思う […]

カテゴリー
ラマナ・マハルシ

ラマナ・マハルシとパラマハンサ・ヨガナンダとの対話

「あるヨギの自叙伝」で有名なパラマハンサ・ヨガナンダは、ラマナアシュラムを訪れています。 確か、「あるヨギの自叙伝」の中でも、ほんの少し触れられていたんじゃないかと思います。 その時の対話が、「ラマナ・マハルシとの対話( […]