カテゴリー
形而上学(世界の根本原理)

曼荼羅(マンダラ)と世界

僕はこのブログの中で、いくつかの切り口で、世界は実在しているわけではないということをお話しています。 今回は、また違った切り口で、お話しようと思います。 密教には、曼荼羅(マンダラ)という絵があると思います。 Wikip […]

カテゴリー
形而上学(世界の根本原理)

なにが正しいのか、本当のところは確認できない

このブログでは「世界は実在しない」とか「時間は記憶だ」とか「虚無は有である」とか、結構、形而上学的なこともお話しています。 できるだけ、分かりやすく、理屈っぽく、体系的にお話しているつもりなのですが、本当のところは、そう […]

カテゴリー
形而上学(世界の根本原理)

記憶があるから、時間が存在する

時間って存在すると思いますか? 普段の生活を送っている中で、時間を意識しない人はいないと思います。 1日に何回も、時計をチェックしますよね。 なので、当然のことながら、「時間は存在している」と思っているはずです。 ところ […]

カテゴリー
形而上学(世界の根本原理) 探求

「すべてはひとつ」の「すべて」は何を指すのか?

「すべてはひとつ」という言葉は、とても響きの良い言葉です。 この言葉を聞くと、なんとなく「そんなものかなあ」と納得してしまう人も少なくないと思います。 でも、多くの人は見落としていると思います。 「すべてはひとつ」の「す […]

カテゴリー
形而上学(世界の根本原理) 探求

どうすれば「世界は実在している」という認識は崩壊するのか?

探求の終わりには、「世界は実在している」という認識が崩壊します。 「私は在る」とは何か? 「ハート」とは何か? を理解した人にとって、最後に残っているのが、この認識の崩壊です。 これが起こるまで、少なからずの分離感が残り […]

カテゴリー
形而上学(世界の根本原理) 探求

世界は幻想なのか?

「世界は幻想である」と言われると、あなたはどんな風に思うでしょうか? 目の前の机をコンコンッと叩いてみて「この机が幻想だとは思えないな〜」と思うかもしれません。 はたまた、手に握っているスマホの感触を感じて「このスマホが […]

カテゴリー
形而上学(世界の根本原理) 探求

「私の中に世界がある」ってどういうこと?

「私の中に世界がある」「あなたの中に世界がある」 ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジがよく使う言葉です。 この言葉、あなたはどう受け取るでしょうか? なにか深遠な意味があるように感じるでしょうか? 実のところ、こ […]