「私の中に世界がある」ってどういうこと?

「私の中に世界がある」
「あなたの中に世界がある」

ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジがよく使う言葉です。

この言葉、
あなたはどう受け取るでしょうか?

なにか深遠な意味があるように感じるでしょうか?

実のところ、この言葉は、
これ以上ないぐらい直接的な言葉です。

これからお話することは、
多くの人にとっては受け入れがたいことだと思います。

理解することはできるかもしれません。
でも、納得はしないでしょう。

誤解を招く可能性もあります。

でも、「私は在る」「至福(アーナンダ)」は理解しているんだけど、
なんだか世界との分離感が残るという人にとっては、
これからお話することは役に立つ可能性があります。

僕の真理の探求は、
この理解によって終わりました。

お話します。

“「私の中に世界がある」ってどういうこと?” の続きを読む