自我は「記憶」を利用する

自我というのは、
あなたを個人でいさせようとする何かです。

そして、個人でいさせるために、
自我は「記憶」を利用します。

あなたは、そのことに気がついているでしょうか?

「あなた」はどんな人?

まず最初に、質問です。

「あなたはどんな人ですか?」

こういう質問をされると、
なにかしらのイメージがパッと頭にでてくるかもしれません。

あなたの体の姿が、
客観的に映し出されたイメージが、
頭の中にでてくるかもしれません。

イメージではなくて、
言葉がでてくるかもしれません。

自分はどんな人間なのかということを、
箇条書きにできる人もいるでしょう。

「あなた」というイメージは、なぜ存在する?

でも、そういった、
あなたに関するイメージや言葉というのは、
なぜ、パッと頭にでてくると思いますか?

「そんなの当たり前じゃない?」

と思うかもしれません。

「あなたは、どんな人ですか?」という質問に対して、
「私は、こう思う。」という答えがでてきます。

当たり前のことです。

でも、その、あなたに関するイメージや言葉というのは、
本当にあなたが考えたものなんでしょうか?

気がついたら、すでにイメージや言葉が、
そこに存在していただけなんじゃないでしょうか?

自我が記憶を利用して作りあげます。

実は、「あなた」というイメージは、
自我が作りあげたものです。

あなたが個人として存在できるように、
自我が記憶を利用して、
あなたというイメージを作りあげています。

例えば、親から名前を呼ばれている記憶。
「タカシ!タカシ!」と母親に呼ばれている記憶です。

自我は、その記憶を見て、
その「タカシ」という名前と、
呼ばれている対象、
つまりはあなたの体、を関連づけます。

そうして、「タカシ=この体」という認識を生みだします。

生きていると、
名前を呼ばれることって日常茶飯事ですよね。

なので、「タカシ=この体」という認識はさらに強固になります。

そうして、あなたは名前を聞かれたときに、
こう答えるようになります。

「タカシです!」

自我は、あなたに気づかれないように、それをやってのけます。

自我のすごいところは、
あなたに気がつかれることなく、
それをやってのけるというところです。

あなたが、意識的に、
そういった記憶を利用して、
「タカシ=この体」という認識を作っていったわけじゃないですよね?

そんなの大変です。

でも、自我はそういったことを、
簡単にやってのけます。

自我がおこなっている編集作業は、
「名前」だけじゃありません。

「あなた」というイメージも、
もちろん、自我がその編集作業をおこなっています。

「私は意志が弱い人間だ。」

という認識がそこにあったのであれば、
自我が記憶をもとに、
そういった編集作業をおこなったということです。

そして、同時に、

「私は意志の強い人間になるべき!」

という理想まで生み出します。

「あなたはどんな人ですか?」

と聞かれたときに、出てくる答えというのは、
自我によってすでに編集された答えなんだということです。

あなたというイメージを信じることは、自我を信じることと同じです。

つまりは、「あなた」というイメージを信じることは、
自我を信じることと同じです。

それは、「あなた」というイメージだけに限りません。

あなたが持っている認識というのは、
すべて、自我によって編集されたものと思って間違いないでしょう。

人は、生まれたときには、
自分が個人であるということを知りません。

なので、その状態では、
個人として社会生活を送るのは困難です。

そこで、自我が、あなたを個人として存在させようと、
記憶をもとにして編集作業をおこなうんですね。

なので、この世界で、個人として生きていく分には、
自我の存在というのは問題になりません。

むしろ、自我が優秀なほど、
この世界で個人として生きていくには有利かもしれません。

「記憶」や「認識」を回避する。

でも、真理を探求するとなると、
話が変わってくるんですね。

「あなたは個人ではない」というのが真理です。

自我はどう思うでしょうか?

なんとしてでも、
真理を悟ることを阻止しようとするでしょう。

「個人じゃなくなっちゃったら、社会生活が送れなくなっちゃうよ!」

と思うわけです。

そんなわけで、
真理の探求というのは大きな困難をともないます。

真理を探求しようとしても、
その結果得られる認識というのは、
自我によって編集されたものだからです。

人から話を聞くにしろ、
本を読むにしろ、
このブログを読むにしろ、

それを意味解釈するのは自我です。

例えるならば、
捜査官が、スパイに情報収集を頼むようなものです。

提出される報告書は、
スパイに都合が良いように改ざんされていることでしょう。

なので、真理を探求する場合には、
「記憶」や「認識」を、
回避する必要があります。

スパイが提出してくる報告書を、
受け取らないことです。

なので、真理の探求では、
「瞑想」や「真我探求」が推奨されるんですね。

頭の中にでてきた、思考やイメージを、
ただ、眺めるだけです。

受け取りません。

それが瞑想です。

ハート(自分という存在感や感情)にひたすら意識を向ける。

それが真我探求です。

ただ、あなたが、瞑想を始めるかどうか?
瞑想が迷走にならないかどうか?
真我探求を始めるかどうかは、
自我の判断にかかっています。

真理の探求における、
パラドックスです。