カテゴリー
真我探求

退屈な時間はなぜ長く感じられるのか?

退屈な時間って、長く感じられたりしますよね。

例えば、電車に乗って1時間ぐらい移動する場合、何もせずにジッとしていられる人は少ないでしょう。

スマホを取り出してニュースをチェックし始めたり、イヤホンを取り出して音楽を聴き始める人もいるかもしれません。

そうすることで退屈な時間を避けることができるからです。

その方が、体感的に時間の流れが早く感じられることを知っているからです。

でも、なぜ、退屈な時間って長く感じられるんでしょうか?

1時間という時間の長さに変わりはないはずです。

でも、退屈な1時間と、何かをしている1時間には、体感的な時間の差があります。

なぜ、退屈な時間の方が長く感じられるんでしょうか?

そこに自我があるからです

退屈な時間が長く感じられるのは、そこに自我がいるからです。

自我とは何かと言えば、この体をコントロールすることができると感じている存在です。

意識に方向性を持たせようとする存在とも言えます。

退屈を感じているのは、この体ではないはずです。

体そのものは、退屈という感覚を感じることはありません。

イヤホンで音楽を聴いている状態と、何もせず退屈を感じている状態は、身体的にはほとんど変わりはないんじゃないかと思います。

にも関わらず、何もせずにいると、自我は退屈を感じるわけです。

感情を感じる場所で、なんとも言えない退屈の感覚を感じることになります。

自我にとって、それは時間が止まってしまうかのような感覚です。

自我にとっての体感的な時間とは、変化の量のことです。

5感覚や思考、イメージの変化の量が、体感的な時間として感じられるんです。

イヤホンで音楽を聴いていると、聴覚的な変化の量が体感的な時間として感じられ、時間が流れていくように感じられます。

そこになんの変化もないのであれば、体感的な時間は止まったように感じられます。

でも、時計的な時間の進行スピードは変わらないわけです。

音楽を聴こうが、退屈しようが、目的地まで1時間かかるということには変わりがありません。

その相対的な差が、退屈な時間を長く感じさせているんです。

寝ている時には自我がないので、時間もありません

体感的な時間というのは無い時もあります。

寝ている時、体感的な時間というのは消えていますよね?

そこには自我が存在していないからです。

退屈な時間は存在していません。

「寝ている時って退屈で退屈でしょうがないよね〜」って言う人はいないと思います。

客観的に見るならば、寝ている時って何もすることができないので、退屈そうでもあります。

ただ、横たわって呼吸をしているだけです。

にも関わらず、多くの人は、寝ることは退屈ではなく、心地よいと感じているんじゃないかと思います。

これって、実はとても不思議なことなんです。

自我自身は、退屈な時間というのを恐れています。

できれば避けたいと思っています。

「退屈な時間が好きだ」と言える人はどれぐらいいるでしょうか?

なので、自我そのものは、実は寝ることを恐れているとも言えるはずなんです。

それは退屈そうに感じられるし、実際の経験としては、自我はそこでは消えています。

存在していません。

それは、ある意味では自我にとっては死のようなものです。

自我は毎晩死んでいます。

であるにも関わらず、多くの人は、「寝ている時って心地よいよね」と思っているのではないかと思います。

人によっては、睡眠薬を飲んでまで、寝ることを望んでいる人もいるかもしれません。

でも、人はなぜ、寝ている時は心地よいということを知っているんでしょうか?

そこでは自我が存在していないし、時間も存在していないにも関わらずです。

自我が前面にでてくるほどに、時間は長く感じられます

多くの人は漠然と「起きている時には常に自我がここにいる」と感じているのではないかと思います。

でも、それは、自我とは何かということを勘違いしているんです。

多くの人は、自我と意識を同じものだと勘違いしています。

(関連記事:「意志」と「意識」の違いとは?

「起きている時には常に意識があるのであって、だから、自我も常にここにいる」と考えるのではないかと思います。

でも、そうではないんです。

実のところ、自我には実体がないのであり、それは有ったり無かったりするし、そこには強弱があったりもします。

例えば、映画を観ている時、自我はそこにあるでしょうか?

面白い映画を観ている時には、時間が短くも感じられたりします。

それは、映画を観ている間、自我が消えているからです。

もしくは、自我が弱くなっているからです。

「自我がなければ、そもそも映画を観ているということにも気がつけなくない?」と思う人もいるかもしれません。

それがまさしく勘違いなんです。

面白い映画を観ている時には、時間はあっという間に過ぎるかもしれません。

でも、つまらない映画の場合にはどうなるでしょうか?

自我が前面にでてくるんじゃないでしょうか?

「なんだ、このつまんない映画は……」と思うかもしれません。

結果として、その映画はとても長く感じるかもしれません。

自我とは何かといえば、コントロール欲をもつ存在です。

目の前の世界を理想的な状態にコントロールしたがります。

観ている映画がつまらないものであれば、自我は前面にでてきて文句を言います。

そんな自我が、もっとも文句を言うのが退屈な時間です。

退屈な時間を避けるためなら、つまらない映画でもしぶしぶ観たりします。

退屈な時、自我は最前面にでてきています。

そして、時間が止まってしまったかのように感じているんです。

自我がいなければ、退屈は退屈ではなくなり、時間の感じ方も変化します

退屈な時間と一口に言っても、その定義は結構難しかったりします。

必ずしも、「退屈な時間=何もしていない時間」というわけではないですよね?

場合によっては、何もしていない時間を解放的に感じている時もあります。

例えば、1ヶ月ぐらい忙しい日が続いた後に、何もしなくてもいい時間が訪れるのであれば、人はその時間を解放的に感じるんじゃないかと思います。

忙しさから解放されるんです。

人は、何もしていない時間を、解放的に感じたり、退屈に感じたりします。

それは相対的です。

自我というのは相対的な存在なんです。

それは有ったり無かったりするし、そしてまた強弱があったりします。

そしてまた、自我は刺激中毒者です。

例えば、猫に〝ちゅ〜る〟のような美味しいエサばかりを与えていると、猫は普通のカリカリとしたエサを食べなくなったりします。

カリカリがまずいというわけではなくて、猫が〝ちゅ〜る〟に慣れてしまうんですね。

そして、相対的にカリカリとしたエサに満足できなくなってしまいます。

実は、退屈という感覚も似たものがあります。

多くの人にとって、何もしていない時間というのは退屈に感じられるかもしれません。

でも、それは、猫がカリカリに満足できなくなってしまうのと、同じようなものだと言ったらどうでしょうか?

そこには逆説があります。

刺激を求める自我がそこにいる限り、何もしない時間は退屈に感じられるはずです。

でも、自我が退屈の中に消えるなら、そこには解放感があります。

自我から解放されるんです。

それは、寝ている時の心地よさを、起きながらに感じるようなものです。

多くの人は、退屈を感じるのも、解放感を感じるのも「この私だ」と感じるのではないかと思います。

でも、実際のところは少し違うんです。

退屈を感じる自我としての「私」は一時的な機能性みたいなものです。

退屈という感覚は常にここにあるものでしょうか?

感情と同じく、退屈という感覚も一時的なものです。

そんな一時的な退屈という感覚を、永続させようとしているのはこの自我なんです。

何もしていない時、自我は存在できないからです。

自我は刺激中毒者であり、常に何かをしたいと思っています。

でも、退屈を避けようとしている自我に気がつき続けるなら、退屈の感覚と共に、自我は消えてしまうはずです。

退屈を感じる「私」が消え、解放感を感じる「私」が残ります。

どちらが本当の「私」でしょうか?

寝ている時の「私」はどちらでしょうか?

自我が存在しなければ、退屈は退屈ではなくなってしまいます。

結果として、時間の感じ方も変わっていくかもしれません。

(関連記事:OSHOの名言【退屈から逃れる道はない】

作成者: 山家直生

空白JPアーカイブ2020+」「空白JPアーカイブ2021+」紙書籍&電子書籍(Kindle)も出版しています。

Twitterもやっています。

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。