カテゴリー
探求

「意志」と「意識」の違いとは?

「意志」と「意識」には、一体、どんな違いがあると思いますか?

真理の探求において、意志と意識の違いを認識することは、とても重要なことだと思います。

多くの人は、なんとなく、意志と意識というものは、一緒のものだと認識しているんじゃないでしょうか?

例えば、透明な水の中に、青い水をそそいだなら、それは一体となって、分離できなくなりますよね。

意志と意識も、そんな感じに近いと感じているかもしれません。

でも、意志と意識は、別々のものです。

意志は、意識に属するもの?

真理の探求の、初期の段階では、まずは、「自分という存在は、体ではなく、意識なんだ」ということを探求していくことになります。

多くの人は、自分というのは、この体のことだと思っています。

もちろん、それは間違ってはいないのですが、体に限定されるものではなくて、体の5感覚、思考、感情に気がついている存在、つまりは、意識が自分という存在の本質です。

場合によっては、このことに気がつくことが「悟り」と呼ばれることもあると思います。

でも、僕は、それは悟りの「入り口」と言ったりもします。

というのも、自分の本質が意識なんだということを理解しても、「意志」とは何かという問題が残るからです。

「意志」というのは、体に属するんでしょうか?

それとも、意識に属するんでしょうか?

多くの場合、意志は、「意志は意識に属するものだ」と判断します。

そうでなければ、意志たる私は、存在の本質ではないということになってしまいます。

意志にとっては、それは認めがたいものです。

なので、意志は、「自分は意識なんだ」という風に振る舞います。

でも、それは、自我たる意志の、巧妙な罠です。

これは、おそらく、ほぼ全ての探求者がハマる罠だと思います。

もちろん、僕もハマりました。

意志とは、意識に方向性を持たせる存在。

じゃあ、「意志」というのは、一体何なんでしょうか?

意志というのは、自我の本質です。

もし、あなたが、自分という存在は「意志」なんだと思うのであれば、それはつまりは、あなたは「自我」そのものだということです。

意志は、意識に方向性を持たせようとする存在です。

心当たりはないでしょうか?

意識に方向性を持たせることなく、とどまれるでしょうか?

方向性を持たない、意識そのもので在ることはできるでしょうか?

もし、方向性を持たせようとする衝動が湧き上がるのであれば、それが、自我です。

自我という存在のエネルギーみたいなものです。

「私の本質は、体ではなく、意識なんだ」ということを理解しても、自我との一体化は、そう簡単には解けません。

そして、自我は、「私は、意志であって、意志は、意識に属するものだ」と主張します。

そして、自分が興味があるものに、意識の方向性を向け、過去に意識を向け、理想的な未来に意識を向けます。

そして、理想的な未来に、リアリティを持たせようとします。

そして、理想と現実にギャップが起こると、苦しんだりします。

人の本質は、本来、意識そのものです。

(もっと言えば、それを超えたものですが)

意識そのものは、苦しんだりはしません。

体や心(自我)が苦しんでいるということに、気がつくだけです。

真理の探求において、前半戦というのは、自分の本質が、体ではなく、意識なんだということに、気がつくことでした。

でも、その時、自我たる意志は、巧妙に、意識と一体化します。

自我が「私は意識だ」と主張します。

でも、それは勘違いです。

それゆえに、理想と現実のギャップに苦しむことが続きます。

なので、真理の探求の後半戦というのは、自分の本質が、自我たる意志ではなく、意識そのものなんだということに、気がつくための旅路になります。

意志には、実体がありません。

そもそも、意志には実体がありません。

それは、有ったり、無かったりするものです。

でも、多くの人は、意志というのは、常にここに有ると思っています。

そこには、途切れることのない継続性があると思っています。

その感覚が、消えるなんていうことは考えられないと思っているはずです。

確かにその通りです。

「私は存在する」という感覚は、消えるはずがありません。

常にここに在ります。

でも、「私は存在する」という感覚は、意志に属するものなんでしょうか?

意志というのは、自身を、体や、意識だと、勘違いする存在です。

あらゆるものと一体化しようとします。

一体化しまくりです。

でも、それは、一体であると勘違いしているだけです。

であるならば、もしかして、「私は存在する」という感覚も、実は、意志とは違うものなんじゃないでしょうか?

意志が、「私が消えてしまったら、この、私は存在するという感覚も消えてしまうのでは?」と勘違いしているのかもしれません。

実際のところ、勘違いしています。

なので、真理の探求の後半戦においては、「意志とは何か?」というところを、キチンと切り分ける必要があるんです。

「何が意志で、何が意志ではないのか?」というところを、意志として、確認していく必要があります。

でも、どうやって、確認すればいいんでしょうか?

実は、その方法は、とてもシンプルです。

あらゆる覚者が言っています。

「ただ、静かであること」

それだけなんです。

もちろん、覚者によって、色々と言い回しが違います。

ラマナ・マハルシの場合には、「心をハートに沈めなさい」とか言います。

ニサルガダッタ・マハラジの場合には、「私は在るという感覚にしがみつきなさい」と言います。

僕の場合には「苦しみと退屈を避けないこと」と言います。

意志として、何もしようとはしないとき、どうなるのかを観察するんです。

「観察する」という表現も、少し違うんです。

意志として、観察しようとすることすら、止めるということだからです。

なので、その状態には、動詞を使うことができず、「私は在る」としか言えなくなります。

その時、意志はどこにいるんでしょうか?

「私は存在する」という感覚だけが、そこにあって、意志はどこにも見当たらないんじゃないでしょうか?

でも、意志は、「でも、意志があるように感じられるよ!」と叫びます。

まさしく、それこそが意志です。

意志というのは、思考のようなものです。

というか、思考と同じです。

「私は存在する」という感覚から、言語やイメージとして、意識に気がつかれる対象として、現れるもの、それが「意志」です。

まさしく、思考と変わらないんじゃないでしょうか?

なので、「意志」と「意識」の違いは明白です。

「意志」とは、「意識」に気がつかれる、言語やイメージです。

つまりは、思考と変わりません。

もちろん、頭から勝手に現れる思考とはちょっと違います。

意志には、自由意志の感覚がともないます。

なので、自由意志を持ちながらも、思考として立ち振る舞う必要があるんです。

必要があれば現れて、必要がなければ消えていればいいんです。

消えているというのは、黙っているということですね。

これは、コントロール欲を持った意志からすると、かなり受け入れ難いことです。

でも、「私は在る」という状態にとどまることが多くなるなら、自然と、自分自身のアイデンティティの拠り所が、「意志」から「私は在る」にシフトしていきます。

真理の探求の後半戦は、このことを意識しながら、ただ、日常生活を送るだけになります。

【関連記事】ラマナ・マハルシは意志を持つのか?【意志とハート】

【関連記事】意志が実在しないなら、すべてがどうでもよくなるのか?

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。