カテゴリー
探求

「苦しみ」と「退屈」を避けないこと

このブログに、なにかひとつの主張があるのだとすれば、これです。

「「苦しみ」と「退屈」を避けないこと」です。

もちろん、多くの人が、これを避けたがるというのもわかります。

むしろ、「避けて当然でしょ」って思うんじゃないでしょうか?

むしろ、「避けるための方法論を教えるべきなんじゃないの?」って思うかもしれません。

でも、あいにく、僕は、一生、苦しみと退屈を避け続けることができる、方法論を知りません。

そして、矛盾するように感じるかもしれませんが、苦しみと退屈を避けないことによって、苦しみと退屈を避けることができるんです。

苦しみと退屈には、飽きることができる。

苦しみと退屈を、避けないことを勧める理由は、苦しみと退屈には、飽きることができるからです。

「飽きる」っていう感覚、おそらく、すべての人が知っているはずです。

動物だって、「飽きる」という感覚を、知っているように思えます。

例えば、犬とか猫。

おもちゃに、飽きますよね?

「新しいおもちゃを与えたときには、あんなに興奮していたのに、今では反応もしない。。」というのは、犬猫の飼い主アルアルなんじゃないでしょうか?

そう考えると、「飽きる」という現象は、生きるものすべてに備わった、ひとつの機能性とも言えるんじゃないでしょうか?

多くの場合、「飽きる」という言葉に対する主語には、「楽しさ」が使われます。

「楽しいことに飽きる」とかですね。

でも、必ずしも、楽しさに限らないということは、多くの人が経験しているんじゃないでしょうか?

例えば、過去の嫌な記憶に対して、飽きてしまったことはないでしょうか?

あんなにも、自分を悩ませていた、過去の記憶に対して、今は、なにも感じないということ、ないでしょうか?

それはつまり、飽きてしまったということです。

「時間が解決してくれた」と思うかもしれませんが、現象としては、「飽きる」という現象と同じです。

時間をかけて、飽きてしまったんです。

であるなら、「苦しみ」や「退屈」といったものにも、飽きることができるんじゃないでしょうか?

実際のところ、飽きることができます。

でも、わざわざ、探す必要はありません。

でも、だからといって、わざわざ、「苦しみ」や「退屈」を探す必要はありません。

これは、探求の世界に限らないと思いますが、世の中には、自分自身を知るために、自分が、どんな認識や思い込みを持っているのかを、書き出すというワークがあったりします。

僕も、自己啓発セミナーなんかで、それをやったことがあります。

僕が、真理の探求を始める前、理想の追求をしていた時の話ですが。

もちろん、そうしたいなら、そうすればいいのですが、必ずしも、そうする必要はないんです。

というのも、その行為自体が、苦しみや退屈を避けようとするものだからです。

むしろ、そこには、「苦しみを征服してやろう」というような、野望めいた意図があるんじゃないでしょうか?

「苦しみの原因を洗い出して、一網打尽にしよう」というような、野望めいた意図があるんじゃないでしょうか?

そんなことは、しなくてもいいんです。

というのも、ある意味では、苦しみというのは、あちらの方から、勝手に、ノコノコとこちらにやってくるからです。

呼んでもないのに、勝手にやってきます。

そこを捕まえればいいんです。

そして、飽きるまで、その苦しみを味わってみればいいんです。

苦しみの味わい方は、こちらの記事「苦しみに飽きるための感じ方」が参考になります。

あなたは、ボコボコにされます。

でも、ボコボコにされ続けることで、あなたは勝利します。

その苦しみに、飽きてしまうからです。

苦しみが和らぐとか、そういったレベルではないです。

苦しみに飽きてしまうことは、もっと、根本的なものです。

「飽きる」という感覚を知っているのなら、理解できるんじゃないでしょうか?

それは、「興味がなくなる」に近いものがあります。

苦しみの原因となっていたものに、興味がなくなってしまうんです。

飽きてしまったものに、再び、興味を持つことは、至難の業なんじゃないでしょうか?

であるなら、苦しむことに飽きたなら、再び、苦しむことも、至難の業なんじゃないでしょうか?

「楽しさ」と「喜び」も避けないこと。

「「苦しみ」と「退屈」を避けないこと」と言うと、「じゃあ、「楽しさ」とか「喜び」といったものは、避けたほうがいいのかな?」と思う人もいるかもしれません。

そんなことはありません。

むしろ、それは誤解です。

「楽しさ」とか「喜び」といったものも、避けないことです。

でも、そんなことを言わなくても、ほとんどの人は、楽しさとか喜びといったものは避けないですよね。

楽しめるのであれば、楽しめばいいんです。

言ってみれば、やってくる、すべての感情を避けないことです。

このブログは、「苦しみ」とか「退屈」にフォーカスすることが多いです。

なので、楽しむことは避けたほうがいいのかなと思う人がいても、不思議じゃありません。

でも、僕は、楽しむことも、推奨します。

僕だって、映画を観たり、今はコロナであれですが、旅行だってしますし。

ただ、「楽しまなければならない」という考えは、持たないようにしてください。

無理に楽しもうとすることは、反対に、苦しみを生み出します。

例えば、退屈を避けるために、大して興味も持てないことをすることは、苦しみじゃないでしょうか?

そういう人は、少なくないんじゃないかと、僕は思っています。

僕も、身に覚えがあります。

八方塞がりなんです。

特にやりたいこともないけれども、退屈するのも嫌だなあという状態。

であるのなら、退屈すればいいんです。

関連記事:「退屈を避けない」って一体どういうことなのか?

その、八方塞がりの状態の、突破口は、「退屈」の中にあります。

解放感は、常に、ここにあります。

「退屈」に飽きることを、想像できないという人は、少なくないと思います。

退屈には、原因がありません。

感情には、原因がありますよね。

良い出来事が起こると、楽しいとか嬉しいという感情が起こります。

反対に、悪い出来事が起こると、怒りとか悲しいという感情が起こります。

でも、退屈には、そういった原因がありません。

にも関わらず、感情的なエネルギーはあります。

なんとなく、重っ苦しいなにかを、胸に感じるんじゃないでしょうか?

それは、ニュートラルな感情エネルギーとも言えるかもしれません。

何色にも染まってない、感情エネルギーです。

それが、世界に反応すると、色んな感情として、感じられるわけです。

「苦しみ」に飽きるというのは、その感情エネルギーから、「苦しみ」の色が抜けるという感じかもしれません。

であるなら、「退屈」に飽きるって、どういうことでしょうか?

もしかして、感情エネルギーが、消えるんでしょうか?

実は、そうなんです。

胸に感じている、重っ苦しいなにかが、消えます。

もちろん、生きている限り、永久的にというわけじゃないのですが、胸が軽くなります。

そこには、解放感があります。

そして、すべての人は、この解放感を知っています。

それは、特別な何かじゃありません。

既知のものです。

それは、まさしく、何かから解放されたときに感じるものです。

多くの人は、解放感というのは、世界の状態と関係していて、それは、感情のひとつだと思っているはずです。

当然、僕も、そう思っていました。

でも、それは、勘違いなんです。

解放感は、常に、ここにあります。

解放感というのは、無感情のことです。

多くの人は、無感情というのは、なにか、嫌な感情だと認識するんじゃないでしょうか?

それは、まさしく、感情です。

多くの人にとっての、無感情というのは、ニュートラルな感情エネルギーのことです。

それは、退屈のことです。

でも、本当の意味で、無感情になるなら、ここには、解放感があります。

真理を教える人の中には、真理を理解した上で、世界を楽しめばいいという人がいると思います。

結構、そう言う人は、多いと思います。

でも、それは両立しないんです。

世界に楽しさを求めるなら、この解放感は、感情エネルギーによってフタをされてしまうからです。

解放感は、失われたかのように感じられるでしょう。

本当の意味で、この解放感の正体を知っているのなら、これを失ってまで、楽しさを追い求めたりはできないはずです。

でも、だからといって、「楽しんではいけない」というわけじゃないんです。

真理を理解するならば、人は、解放感を好むようになります。

でも、感情が無くなるわけじゃありません。

生きている限り、世界に対しての、感情的な反応は起こり続けます。

場合によっては、楽しいという感情が起こります。

であるなら、その感情を、楽しめばいいんです。

そして、場合によっては、苦しいという感情が起こります。

その時は、苦しめばいいんです。

ただ、それらの感情は、一時的なものです。

でも、解放感は、常に、ここにあります。

【関連記事】探求を早く終わらせたいなら、まず、ハートを理解する

【関連記事】「虚無(絶対無)」を唯一の「有」と見抜く

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。