カテゴリー
探求

「私は在る」をインスタントに悟る方法

まず、はじめに謝っておきます。

もし、インスタントに悟れなかったらごめんなさい。

我ながら、煽り気味なタイトルをつけてしまいました。

「私は在る」という感覚は、瞑想を通して理解していくのが王道です。

でも、「私は在る」という感覚は、あまりにも明白なため、ちょっとしたキッカケで、理解できてしまったりすることがあります。

もしかしたら、この記事をキッカケに、「私は在る」を理解する人もいるかもしれません。

はたまた、いないかもしれません。

「私は在る」を理解できないのは、どの「私」でしょう?

普通に考えると、「私は在る」というのは、当たり前です。

だって、私、ここにいますよね?

もちろん、言いたいことは分かります。

「確かに、私は今ここにいるけどさ、「私は在る」っていうのは、もっと別の何かなんでしょ?」って思うんじゃないでしょうか?

「私は在る」というのは、この私が考えているような、「私は在る」じゃないんでしょということですね。

まあ、確かにそうかもしれません。

でも、そんなことを考えている、私って、どの私なんでしょうか?

私と一口に言っても、それは、体のことを指していたり、心のことを指していたりします。

「私は在る」を理解できない、その私というのは、具体的には、どの私を指すんでしょうか?

おそらく、体じゃないことは確かだと思います。

体は、そんなこと思わないはずです。

体は、無言です。

むしろ、体が言葉をあやつるなら、「私は在る」とか言いそうです。

であるなら、心でしょうか?

心っていうのも、ちょっと漠然としているかもしれません。

それは、思考でしょうか?

思考が、「私は在る」を理解できないんでしょうか?

思考というのは、あなたの意志に関係なく、勝手に、頭からでてきたりしますよね?

思考は、勝手にでてくるものです。

瞑想中だって、思考は勝手にでてきます。

あなたは、その思考に、苦労することもあるんじゃないでしょうか?

なので、むしろ、「私は、思考じゃない」と思うかもしれません。

であるなら、「私は在る」を理解できないのは、どの私なんでしょうか?

それは、意志としての私です。

あなたは今、意志を持って、この文章を読んでるんじゃないでしょうか?

意志を持って、「私は在る」を理解したいと思っているんじゃないでしょうか?

意志を持って、「私は、思考じゃない」と思っているんじゃないでしょうか?

意志を持って、「本当に、インスタントに悟れるんだろうな?」と思っているんじゃないでしょうか?

であるなら、あなたは、意志なんじゃないでしょうか?

意志としての私は、どこからでてくる?

ここからが、本題です。

意志としての私は、どこからでてくるでしょうか?

思考は、頭からでてきます。

脳と思考が、関係していることは、確かなように感じられます。

じゃあ、意志はどうなんでしょうか?

意志って、頭からでてくるでしょうか?

授業中にウトウトしているときに、突然、名前を呼ばれて、「ドキッ!」っとするのは、頭でしょうか?

そうじゃないはずです。

「ドキッ!」とするのは、心臓のあたりのはずです。

感情を感じる場所のはずです。

であるなら、あなたは、そこにいるんじゃないでしょうか?

意志としての私は、そこから、でてきてるんじゃないでしょうか?

そして、「「私は在る」ってどんな感覚なんだ?」と、まるで思考のように振る舞っているんじゃないでしょうか?

実は、その、思考のように振る舞うあなたが、「私は在る」を理解することはできません。

だって、それは、まさしく、思考のようなものだからです。

思考というのは、頭からでてきます。

あなたは、それを、「私じゃない」と思うでしょう。

それは、単なる思考だと。

じゃあ、心臓のあたりからでてくる、意志としての私はどうなんでしょうか?

それは、思考のように振る舞います。

「「私は在る」ってどんな感覚なんだ?」って。

それは、私でしょうか?

それとも、私じゃないんでしょうか?

多くの人は、どうしようもなく、それを「私」だと思っているはずです。

この、意志こそ、「私」という存在の中心だと思っているはずです。

でも、実は、それは勘違いなんです。

それは、まさしく、思考のようなものです。

意志がでてくる源に、気がついている状態、それが「私は在る」です。

実は、意志としての私は、「私」という感覚を、「私は在る」から借景しています。

借景というのは、景色を借りているということです。

例えば、家の裏が、自然豊かな大きな公園の場合、家にいながら、豊かな自然を楽しめたりします。

決して、その公園は、自分の家の敷地ではないのですが、まるで、自分の家の敷地かのように、自然を楽しむことができます。

それが、借景です。

意志としての私が、「私」という感覚を感じているのも、それと同じです。

意志としての私は、「私」という感覚を、「私は在る」から借景しています。

そして、その「私は在る」という感覚は、まさしく、あなたの裏にあります。

授業中、ウトウトしている時に、突然、先生に名前を呼ばれ、「ドキッ!」と感じる場所はどこでしょうか?

それは、感情を感じる場所です。

それは、今もここにあるでしょうか?

ハッキリとはわからなくてもいいんです。

なんとなくでいいんです。

自分が存在しているという感覚を、そのあたりに探してみてください。

気づこうとしてみてください。

そして、その場所に、とどまろうとしてみてください。

気づいている状態、そのものであろうとしてみてください。

実は、その状態が、「私は在る」です。

意志が、不在の状態です。

意志が、「私は在る」の中に、とどまっている状態です。

そして、意志が、「私は在る」から抜け出して、思考のようなものとして振る舞う時、それは、意志としての「私」になります。

「私」という感覚は、「私は在る」から借りているだけです。

それゆえに、個人の感覚が生まれます。

分離しているという感覚が生まれます。

本当のところ、あなたは、一体誰でしょうか?

意志としての「私」として、「私は在る」の中に、とどまることはできるでしょうか?

【関連記事】探求を早く終わらせたいなら、まず、ハートを理解する