カテゴリー
瞑想

瞑想はトータルで何時間ぐらいする必要がある?

瞑想って、トータルで何時間ぐらいする必要があるんでしょうか?

瞑想を始めたてのうちは、あまり気にならないかもしれません。

でも、瞑想を続けていくうちに、「一体、これはいつまで続ければいいんだ?」とか疑問に思ったりします。

「トータルで何時間ぐらいやればいいんだ?」とか疑問に思ったりします。

特に、瞑想をすることの意味が、揺らいでいる時に、そう思うことが多いと思います。

一体、瞑想というのは、トータルで何時間ぐらいすればいいんでしょうか?

正解はありません。

身もフタもありませんが、正解はありません。

というのも、個人差があまりにも大きいからです。

人によっては、瞑想不要という人もいるかもしれません。

極稀にですが、ラマナ・マハルシのように、瞑想をすることなく、真理を悟ってしまうという人もいます。

その反対に、一生瞑想を続けても、真理を悟ることができない人も、少なくないと思います。

となると、「もしかして、自分は、このまま瞑想を続けても、悟ることはできないのでは?」とか不安になったりもします。

「瞑想することに、意味なんてないのでは?」とか、不安になったりもします。

もちろん、僕も、そういった不安を感じたことがありました。

でも、「せめて1万時間ぐらいは続けないとだめかな?」とも思っていました。

「その道のプロになるには、1万時間の修行が必要だ」と言われることがあるからです。

例えば、プロ野球選手とか、弁護士とか。

まあ、こういったことを、真理の探求に当てはめるのはナンセンスなのですが、それぐらいは当然かなと思っていたわけです。

僕のトータルの瞑想時間は、おそらく500時間ほど。

でも、実際のところは、僕のトータルの瞑想時間は、おそらく500時間ぐらいです。

これは、座っての、修行としての瞑想時間は、ということですけどね。

僕の瞑想は、ゴエンカ式のヴィパッサナー瞑想合宿10日間に参加するところから始まりました。

1日10時間を、10日続けるという瞑想合宿です。

結構有名なので、参加したことがあるという人もいると思います。

そこで、サマタ瞑想と、ヴィパッサナー瞑想の2つを教わりました。

でも、結局のところ、ヴィパッサナー瞑想は続きませんでした。

帰宅して、数週間は、朝と夜、30分とか1時間、ヴィパッサナー瞑想をしていました。

でも、気がついたら、サマタ瞑想ばっかりになっていました。

しかも、サマタ瞑想といっても、合宿で習った通りというわけではなく、呼吸に意識が向くこともあれば、眉間に意識が向くこともあれば、ハートに意識が向くこともありました。

明確に、「瞑想対象はここ!」ということを、僕はあまり決めませんでした。

なんとなく、思考やイメージを観察しやすいポジションをとる、という感じでしょうか。

トータル500時間のうち、350時間ぐらいは、この瞑想をしていたと思います。

1日1時間としても、1年ぐらいかかる計算ですね。

それぐらいだと思います。

そして、500時間のうち、100時間は、瞑想合宿でのものです。

残った50時間は、数週間は続けたヴィパッサナー瞑想と、マントラ瞑想です。

僕は、1ヶ月間だけ、マントラ瞑想をしたことがあります。

シンプルな、「オーム」と唱える瞑想です。

日常生活の中で、身体的な変化が現れました。

頭を、内側から押されているような感覚が続きました。

まばたきをした瞬間に、目の前に青い光が見えるということが、ちょくちょく現れるようになりました。

背中から肩、頭にかけて、物理的に存在するかのように感じられる、さざ波のようなものを、感じることが数回ありました。

確かに、マントラ瞑想は、霊性の向上と関係しているようです。

でも、僕は、霊性の向上には、あまり興味をもつことができませんでした。

なので、1ヶ月で止めてしまいました。

僕が実践してきた瞑想のほとんどは、サマタ瞑想です。

そして、ある時期に、思考の絶対量が、急激に減ってきたなという状態になりました。

瞑想をするまでもなく、瞑想状態に近いなという感覚です。

この状態が、瞑想修行のゴールです。

そして、僕は、座って瞑想することを止め、日常生活の中に、瞑想を持ち込むようになりました。

瞑想しない日があってもいいけど、続けること。

ちなみに、僕は、明確に「1日、何時間瞑想する!」とか決めませんでした。

結構、気分で決めていました。

あまり、気が乗らない時には、「瞑想しない」という選択もしてきました。

10分だけ瞑想するという時もありました。

1時間、瞑想するということもありました。

2時間、瞑想することはありませんでした。

長くても、1時間ちょっとです。

瞑想修行において、大事なのは、続けることだと思います。

それは、瞑想に限らないですけどね。

「決められただけの時間、必ず瞑想する!」と決意することは、ある意味では、真理から遠ざかってしまう可能性があります。

極端な話、僕は、そんな意志を持つことはできません。

それは、ハートを縛ることであり、分離感を生み出す可能性があります。

なので、瞑想する時間は、気分で決めてもいいんです。

瞑想しない日があったっていいんです。

でも、瞑想することが不要になる、その日までは、瞑想を続けることは、重要だと思います。

トータル時間は、瞑想的な日常生活で飛躍的に増えます。

瞑想修行において、1回あたりの瞑想時間は、それほど長くなくてもいいんです。

というのも、瞑想的な日常生活が始まれば、瞑想のトータル時間は飛躍的に増えるからです。

さきほど、「その道のプロになるには、1万時間の修行が必要だ」と言われているというお話をしました。

それは、まんざら見当違いでもないんです。

それは、真理の探求においてもです。

むしろ、もっと時間が必要かもしれません。

僕は、今まで、トータル、約4万時間ほどの、瞑想的な日常生活を送ってきていると思います。

そして、悟りという現象が起きたのが、去年です。

言ってみれば、それだけの、圧倒的な瞑想時間が必要だったとも、言えるかもしれません。

赤ちゃんが生まれてから、自我が芽生えるまでに、約3年ほどかかります。

それと同じように、今まで蓄積してきた認識が、解体されるまでには、同じぐらいの時間が必要なのかもしれません。

記憶の重要性が、十分に下がるまでには、それだけの時間が必要なのかもしれません。

もし、これを、座っての瞑想で達成しようと思うのなら、気が遠くなるんじゃないでしょうか?

1日10時間でも、11年近くかかることになります。

ヴィパッサナー瞑想合宿10日間どころの話じゃありません。

そして、おそらく、それでは悟りという現象は起こらないでしょう。

なぜ、座ってなきゃいけないんでしょうか?

「座って、瞑想しなければならない!」という意志を握りしめるなら、悟りは起こりにくいでしょう。

多くの人は、瞑想と、日常生活を、ハッキリと区別していると思います。

日常生活の中に、瞑想を持ち込むだなんて、そんな気はサラサラないという人も、少なくないはずです。

もちろん、集中力を上げたり、願望実現するために、瞑想をしているという人は、それでいいんです。

でも、本気で、真理を悟りたいという人がいるのであれば、日常生活の中に、瞑想を持ち込む必要があります。

圧倒的な、瞑想時間を、確保するためには、そうすることが必要です。

ただ、慣れてしまえば、そこに、努力は不要です。

【関連記事】瞑想にゴール(目標・目的)はあるんでしょうか?

【関連記事】サマタ瞑想のもっともシンプルなやり方。

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。