カテゴリー
探求

「愛」の反対は「無関心」か?

「愛」の反対は「無関心」と言われることがあります。

一般的には、マザー・テレサの言葉だと言われているんじゃないかと思います。(どうやら違うようですが)

この言葉、人の心を「ハッ」とさせる力を持っているんじゃないでしょうか。

情緒に訴えかける力を持っているというか、「確かにそうかもしれない。。」と思わせるものを持っています。

でも、本当にそうなんでしょうか?

というわけで、今回は、「愛」の反対は本当に「無関心」なのかというお話をしようと思います。

むしろ、すべてに関心を持つことは可能か?

例えば、難民キャンプを例に取り上げて「「愛」の反対は「無関心」です」と謳うことは、とても効果的だと思います。

実際のところ、この言葉は、そういったイメージとセットで使われることが多いんじゃないかと思います。

それは、人の情緒に訴えかけるし、「確かにそうかも。。」と思わせやすいのではないかと思います。

でも、それは、そういった特定のイメージの中でだけ、成り立つものなんじゃないでしょうか?

イメージの中の、難民に関心を持つことは簡単です。

関心を持つべき対象が限定されているからです。

例えば、難民キャンプの中の、小さな子どもの写真があれば、関心を持つべきイメージも明確です。

でも、日常生活の中で、すべてのものに関心を持つことは可能でしょうか?

そもそも、人は、知らないものには関心を持つことができません。

例えば、近所で、親に虐待を受けている子どもがいるとします。

でも、その事実を知らなければ、関心の持ちようがありませんよね。

世界中のすべての出来事が、テレビなどのメディアで報道されるわけじゃありません。

むしろ、メディアで報道されるのは、ごく一部分であり、報道される内容だってコントロールされています。

災害が起こった時などは、特定の一部地域だけが取り上げられて報道されることもあります。

そういった地域は、多くの人の関心を集めるかもしれません。

支援の手もあるかもしれません。

でも、その影で、報道されず、誰にも関心を持たれず、孤立する被災地だってあるかもしれません。

そういった被災地に、関心を向けることが出来ない人は、愛の無い人なんでしょうか?

人は、できるだけ多くの出来事に対して、関心を持つべく努力するべきなんでしょうか?

すべてのメディアに目を通し、実際に世界中を歩き回り、困っている人がいないか、探索し続けるべきなんでしょうか?

実際のところ、そんなことは不可能ですよね。

限定的にしか関心が持てないなら、その愛も限定的なのか?

人は、すべてのものに関心を持つことはできません。

どう頑張っても、限定的にしか、関心を持つことができません。

極端なことを言えば、宇宙の果てで、とても困っている宇宙人がいたとしても、そのことに関心を持つことは不可能です。

その事実を知ることができません。

そして、そこに救助に向かう技術も、現代には無いんじゃないでしょうか。

であるなら、もし、「愛」の反対が「無関心」なのだとすれば、すべての人の愛は、どこかしら限定的ということになるんじゃないでしょうか?

実際のところ、この認識は、多くの人の実感に合っているんじゃないかと思います。

愛とは限定的なものだと感じてはいないでしょうか?

どこかしら、足りていないと感じてはいないでしょうか?

愛を受け取るために、他者から関心を向けて欲しいと感じてはいないでしょうか?

この欲求がエスカレートすると、人と人の間で、争いが起こったりもします。

例えば、兄弟で、親の関心を奪い合ったりとか。

大人になると、もっと複雑な、関心の奪い合いが行われたりします。

それは、政治や、ビジネスの世界でも、同じなんじゃないかと思います。

他者から関心を集めるために、権力を求めたり、お金を求める人も、少なくないんじゃないかと思います。

場合によっては、それは、戦争の原因になることもあるかもしれません。

「愛」というのは、そんなものなんでしょうか?

「愛」というのは、奪い合うものなんでしょうか?

「愛」の反対が「無関心」なのであれば、「愛」とは「関心」ということになり、それは、限定されたものであり、奪い合うものになってしまうんじゃないでしょうか。

「愛」の反対は、愛の源への「無関心」です。

「愛」とはそういうものではないと思います。

実のところ、「愛」の反対は、愛の源への「無関心」なんじゃないかと、僕は思います。

愛というのは、どこで感じられるでしょうか?

感情を感じる部分で感じますよね。

であるなら、そこは、「愛の源」なんじゃないでしょうか?

でも、多くの人は、「他者から関心を向けてもらうことで、感情を感じる部分で、愛を感じるんだよ」って思うかもしれません。

他者を「愛の源」だと認識しているかもしれません。

確かに、そうだと言うこともできます。

でも、あなた自身は、「愛の源」に関心を向けないんでしょうか?

他者に、関心を向けてもらうのではなく、あなた自身が、「愛の源」に関心を向けることもできるはずです。

実のところ、あなたが、自身の「愛の源」に関心を向けることでも、愛を感じることができます。

そして、それは限定的じゃありません。

奪い合う必要がありません。

そして、それは持続します。

ただ、多くの人は、あまりにも、他者に関心を向けることに、他者に関心を向けてもらうことに慣れすぎてしまっているため、そのことを忘れているんです。

もし、「私は他者に愛を与えることができる」と思うのなら、「私は他者に愛してもらいたい」という人が集まってくるでしょう。

でも、そのすべての人に関心を向け続けることはできないと思います。

人が、関心を持てる対象は限定的です。

そういった関係性は、早かれ遅かれ破綻してしまいます。

そして、行き過ぎた関心は、愛どころか、執着や憎悪を生み出すことも多々あるんじゃないでしょうか。

愛そのものは、限定的なものじゃありません。

すべてに行き渡っています。

でも、他者と関わる中で、人は、それを限定的なものにしてしまいます。

「愛」の反対は、愛の源への「無関心」です。

あなたの愛の源は、どこにあるでしょうか?

ちなみに、マザー・テレサというと、地球上でも、もっとも他者に愛を与えた人物の1人と考えられるんじゃないかと思います。

ただ、当のマザー・テレサ本人は、神との分離感に苛まれていたという記録があります。

詳しくは、こちらの記事「覚者と聖者はどう違う?」でも触れているので、気になる人はチェックしてみてください。

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

2021年からTwitterも始めました。