カテゴリー
非二元論

非二元論と不二一元論は違うんですね。。

以前、「非二元論を超えて【アドヴァイタ・ノンデュアリティ】」という記事を書きました。

「ラマナ・マハルシの教え(不二一元論)と、非二元論って違うよなあ。。」というところから書いた記事なのですが、どうやら、違っていて当たり前だったようです。

そもそも、非二元論と不二一元論というのは、似ているようですが、別物なんですね。

勘違いしていました。

僕みたいに、「同じようなものでしょ」と思っていた人は少なくないんじゃないでしょうか?

じゃあ、一体どう違うのか?

お話します。

非二元論は、個人は非存在で、意識だけが存在するという考え方。

まずは、非二元論から。

非二元論では「非」という言葉が使われています。

何が「非」なのかというと、個人が非存在ということですね。

多くの人は、「世界は実在していて、その中に、体を持った個人としての私がいる」と思っていると思います。

実は、それは非存在だというのが、非二元論です。

世界も個人も実在していないということです。

とはいえ、まるで、世界は存在しているかのように思えますよね。

目の前の机をコンコンッて叩けば、手と机がぶつかる感覚もあります。

世界が存在していないと思うことは難しいです。

ましてや、体を持った、この私が存在していないなんて。

でも、そう思えるのも、「意識」が存在しているからというのが、非二元論の核心です。

唯一、意識だけが存在していて、その、意識の中に、世界と個人が、まるで実在しているかのように映し出されているということです。

例えるならば、テレビのディスプレイと、映像の関係です。

ディスプレイが「意識」で、映像が「世界と個人」です。

でも、意識にも、アートマンとブラフマンの2つがある?

非二元論では、意識を一つのものとして扱っていると思います。

でも、古代インドの人は、そうじゃないんです。

意識にも、アートマンとブラフマンの2つがあると考えます。

今も使いますよね、アートマンとブラフマンという言葉。

アートマンというのは、個人的な意識。

ブラフマンというのは、宇宙的な意識。

その歴史は、ヴェーダ聖典の時代までさかのぼります。

紀元前1000年前とか、そういった時代までさかのぼります。

そして、そこで論点になるのは、アートマンとブラフマンの関係性なんです。

「自分の本質は意識だというのは当然だけどさ、アートマンとブラフマンの関係性はどうなってるの?」

ということが、真理の探求においての、大きな論点になるんです。

アートマンはブラフマンの一部であるという考え方は「不一不異」。

アートマンとブラフマンは、どういう関係性になっているでしょうか?

今、あなたが気がついている、その意識。

その意識は、宇宙的な意識の一部だと感じるでしょうか?

そう感じる人は、多いかもしれません。

「アートマンは、ブラフマンの一部である。」

実は、そういった考え方を「不一不異」と言うそうです。

アートマンとブラフマンは同一のものではない。

でも、だからといって、異なるものでもない。

というのが「不一不異」です。

一方、アートマンとブラフマンは同一であるという考え方が「不二一元論」。

一方、アートマンとブラフマンは同一のものであるという考え方が「不二一元論」です。

どちらかが非存在というわけではないので、「非」という言葉ではなく、「不」という言葉が使われます。

「アートマンとブラフマンの2つがあるように思えるかもしれないけど、同一のものだよ」

ということです。

これ、納得できるでしょうか?

もし、自分がブラフマンであるならば、まるで、宇宙を自分の体かのように、知覚できるようになるはずです。

でも、そう感じられる人はいるでしょうか?

一方、今、気づいている意識である、このアートマンがブラフマンと同じものであるならば、この意識の外側には、なにも存在しないことになります。

ブラフマンの外側に、なにかが存在しているということはあり得ません。

納得できるでしょうか?

頭は、「この意識の外側にも、世界は広がっている!」と叫ぶはずです。

なので、「アートマンとブラフマンは同じもの」と言われるとき、ほとんどの人は、アートマンがブラフマンに近づいていくと考えることが多いです。

そして、アートマンとして、ブラフマンに近づいていこうという努力をしたりします。

「努力すれば、今、気づいているこの意識が拡大して、宇宙的なブラフマンに近づくのでは?」とか。

僕も、そういった考えを抱いたことがありました。

そして、そういった努力は、神秘体験を引き起こす可能性も高いと思います。

でも、違うんです。

世界は実在しているわけではありません。

幻想としての世界だって、この意識の外側には広がっていません。

すべてが、この意識の内側で起こります。

アートマンの中でです。

そして、アートマンはブラフマンです。

これが、ヴェーダ聖典の最後を締めくくるウパニシャッド(奥義書)で語られることです。

シャンカラが提唱する不二一元論は、ウパニシャッドが元になっています。

一方、非二元論では、こういった、意識についての定義がされていないように思います。

そういった意味では、非二元論は、不二一元論よりも、不一不異の考え方に近いのかもしれません。

【関連記事】「私の中に世界がある」ってどういうこと?

【関連記事】世界は幻想なのか?

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。