感情をコントロール「できる人」と「できない人」の違いとは?

あなたは自分の感情をコントロールできますか?

なかなか難しいですよね。

でも、世の中には、
自分の感情をコントロールできている(ようにみえる)人もいます。

一体なにが違うんでしょうか?
お話します。

感情から逃げない。

まず、最初に言っておきたいこと。
それは、感情はコントロールできないということです。

自然をコントロールすることはできないのと同じくらい、
感情はコントロールできないと思います。

でも、世の中には、
感情をコントロールできているようにみえる人たちもいます。

そういった人たちは、
感情に振り回される人たちと何が違うんでしょうか?

その違いは明確だと思います。

感情をコントロールできているようにみえる人たちは、
感情から逃げることをしない人たちです。

それが、ネガティブな感情であっても。

僕たちは、いろんな種類の感情を抱きますよね。

ポジティブな感情もあれば、
ネガティブな感情もあります。

もっとアンニュイな感情だってあります。
退屈を感じることだって感情です。

そして、僕たちは、
ポジティブな感情は喜んで受け入れますが、
ネガティブな感情は避ける傾向があると思います。

例えば、会社でイヤなことがあったら、
会社帰りに居酒屋とかによって、酔っ払って忘れようとしたりします。

グチをこぼすことで、
イヤなことを忘れようとする人もいると思います。

女性であれば、
友達とカフェで長時間話しをすることで、
イヤなことを発散させようとするかもしれません。

もしくは長電話とかで。

感情をコントロールできる(ようにみえる)人は、
おそらく、こういうことはしないのではないでしょうか。

ネガティブな感情から逃げようとしないと思うんです。

楽しい感情が、だんだん薄れていくのはなぜか?

僕たちは、
楽しい感情というのは、喜んで受け入れますよね。

例えば、海外旅行。

ハワイにバカンスに行くとなれば、
それはそれは楽しい感情に満たされると思います。

「わ〜い!ハワイでどうしようかな〜?ルンルン♪」

となるわけです。

僕もハワイに行くのは好きです。

でも、おそらく、
ハワイに行く回数が増えてくると、
だんだんとその楽しさは薄れてくるんじゃないでしょうか。

ハワイに100回行ったことがあるという人は、
初めてハワイに行ったころのようには楽しめないかもしれません。

ハワイに飽きてしまったという人もいると思います。

感情はアメ玉みたいなもの。味わうと溶けて消えていきます。

実は、感情というのは、
アメ玉みたいなものだと思うんです。

味わうと、溶けて消えていってしまうんです。

楽しい感情というのは、喜んで味わいますよね。

そうすると、アメ玉が溶けていくスピードも早くなってしまいます。

そして、いつかは溶けて消えてしまいます。

楽しいという感情が消えてしまいます。
つまりは、飽きてしまうんですね。

信じがたいかもしれませんが、
これと同じことが、ネガティブな感情でも起こるんです。

感情をコントロールできる(ようにみえる)人たちは、
自覚があるかないかはわかりませんが、
このことを知っています。

だからこそ、ネガティブな感情から逃げようとしないんですね。

ネガティブな感情もじっくりと味わってみる。

感情というアメ玉は、
味わい尽くさないことにはなくなりません。

ネガティブな感情を避けていると、
いつまでたっても、
ネガティブな感情というアメ玉を抱え続けることになります。

一時的に忘れることができたとしても、
なにかのキッカケで、また表面にあらわれてきます。

なので、ちょっと苦しいかもしれませんが、
意識的に、ネガティブな感情を味わってみるということをオススメします。

「良薬、口に苦し」とも言いますよね。

ちなみに、いつ、その苦しみが消えるかは人によります。

だって、人によってアメ玉のサイズは違うからです。

幸運にも、小さいアメ玉だったらいいのですが、
バカでかいアメ玉を持っている人もいるかもしれません。

でも、ちょっとずつでも味わっていかないと、
いつまでたっても、そのネガティブな感情は消えてくれません。

まとめ

というわけで、
感情をコントロールできる人とできない人の違いについてお話をしました。

僕が、最初に「感情はコントロールできない」と言ったのは、
感情をコントロールしているようにみえる人たちは、
感情をコントロールしているわけではなくて、
感情というアメ玉を味わいつくして、消しているだけだからです。

ネガティブな感情をポジティブな感情に、
変化させることができるというわけじゃないんです。

たまたま、そうなる人もいるかもしれませんが、
それは、ネガティブな感情を味わい尽くした後に、
たまたま、そうなるというだけの話だと思います。

関連記事:意識的に苦しむことをオススメする理由。