「根拠のない自信」の根拠。それは感情。

「根拠のない自信」ってありますよね。

根拠がないと言われていますが、
その根拠は明確です。

それは感情にあると思います。

「イケル」という感情があるからこそ、
自信がでてくるんです。

お話します。

「2種類」の根拠のない自信。

ビジネスにしろなんにしろ、
目標を達成するためには、
根拠のない自信を持つことが大事だとよく言われています。

たしかにそうだと思います。

でも、根拠のない自信には、
「2種類」あると、
僕は思うんです。

目標を達成することができる、根拠のない自信と、
目標を達成することができない、根拠のない自信です。

自分が感じている根拠のない自信がどちらなのか、
それを判断することは難しいと思います。

経験ゆえか?それとも、無知ゆえか?

目標を達成することができる、根拠のない自信は、
経験ゆえに感じる自信です。

自信があるんだけれども、
それを言葉では説明できないという状態ですね。

目標を達成するためには、
頭の中で、達成するまでの工程をシミュレーションできる必要があるのですが、
まだまだ、ぼんやりとしていて、ハッキリとはしていない、
でも、そのうちハッキリするだろうという状態ですね。

こういう根拠のない自信の場合、
ほんとうに目標を達成する確率は高いと思います。

でも、無知ゆえの、
根拠のない自信というのもあります。

人の話を鵜呑みにしてしまう人に多いかもしれません。

例えば、強く願えば、ほんとうにそれは現実になると思い込んでいる人。

頭の中で、目標を達成するためのシミュレーションはできないでしょう。
経験がありませんから。

しかも、シミュレーションしようともしていないかもしれません。

することは、強く願うことだけです。

それでも、根拠のない自信だけはあるんです。
でも、目標は達成されないと思います。

どちらも「イケル」という感情をともなう。

経験ゆえの根拠のない自信も、
無知ゆえの根拠のない自信も、
どちらも「イケル」という感情をともないます。

もし、「ダメそうだ。。」という感情がともなうのであれば、
根拠のない自信なんて持てないと思います。

反対に、根拠のない不安になってしまいますよね。

そして、感情というのは、
言葉で説明することは難しいです。

僕は、心というのは、言葉にできない感情を、
言葉にしようとする存在だと思っています。

つまりは、心は感情の代弁者みたいなものなんじゃないかと。

無知ゆえの根拠のない自信の場合、
最初のうちはいいのですが、
だんだんと現実がみえてくると、
感情が変化していきます。

根拠のない自信が不安へと変わっていくのではないでしょうか。

そして、心がそれを代弁します。

「イケルと思っていたんだけど、勘違いしていたみたいだ。。やっぱりダメだ。。」
というふうに。

関連記事:心と感情には、どんな違いがあるんでしょうか?

自信は、だんだんとつけていけばいいのでは?

なので、僕は思います。

根拠のない自信を持つ必要なんてないんじゃないかと。

特に、最初から持とうとしなくてもいいのではないかと。
なにごとも、経験を積み重ねていけば、自信がでてくるものだと思います。

例えば、僕たちは小さいころ、
自転車に乗れない時代がありました。

いきなり乗れたという人はいないでしょう。

根拠はないんだけど、
自転車に乗れると思っていたという人もいないと思います。
もしかしたらいるかもしれませんが。。

自信はないんだけれども、
とりあえず自転車に乗ってみて、
転んでは乗ってを繰り返して、
だんだんと自転車に乗れるようになったと思います。

そして、今では自転車に乗れる自信があることでしょう。

この場合は根拠のある自信ですけどね。

根拠のない自信を持つよりも、感情を満たすほうが大事かも。

そして、僕は思います。

根拠のない自信を持つよりも先に、
感情を満たすほうが大事なんじゃないかなと。

経験をしっかりとつめば、
根拠のない自信はだんだんとついてくると思います。

ということは、1番大事なのは、
経験をつむために動こうとする感情なんじゃないかなと思います。

「とりあえずやってみよう」って思うことが大事なんじゃないかと。

そのためには、感情を良い状態に保っておく必要があります。
ネガティブな感情のときに「とりあえずやってみよう」とはなかなか思えないですもんね。

まとめ

というわけで、根拠のない自信についてお話しました。

根拠がないと言われていますが、
その根拠は確実に感情にあると思います。

そして、根拠のない自信を持つことが、
目標を達成することに、必ずしも繋がらないのではとも思います。

無知ゆえの根拠のない自信というのもありますからね。

そういう人をみたことはありませんか?

最初は自信満々だったのに、
だんだんと、自信を失っていく人を。

僕自身もそういう経験があります。

なので、あまり根拠のない自信にこだわる必要はないと思います。

自信がないなら、つければいいんです。
大事なのは「とりあえずやってみる」ことなのではないかなと思います。

飽きっぽい性格を直す必要がない理由。