お金は幸福度とどれくらい関係するのか?

こんにちは、オミクです。

お金って僕たちの幸福度にどれくらい関わっているんでしょうか?

お金があるから幸福だと思う人もいれば、
お金がなくても幸福だと思う人もいると思います。

お話します。

年収750万以上という統計データは役に立つのか?

お金と幸福度の関係。

ネットでいろいろと調べてみるとわかると思いますが、
統計データがでているようです。

よく目にするのは、
年収750万までは、収入が上がるほどに、
幸福度も上がるという統計データです。

お金と幸福度が比例するということですね。

でも、年収750万以上になってくると、
お金と幸福度は比例しなくなってくるようです。

年収750万以上の人の幸福度はだいたい同じになるという統計データがでているようです。

年収750万の人と、
年収1億の人の幸福度はだいたい同じということですね。

ちなみに、研究機関によってそのお金の額にはバラツキがあるみたいです。

年収400万までというところもあるみたいです。
年収400万の人と、年収750万の人の幸福度はだいだい同じということですね。

こういった統計データは、実際のところ役に立つんでしょうか?

バブル世代とゆとり世代、幸福の感じ方は違う?

僕が思うに、
バブル世代の人と、ゆとり世代の人の幸福の感じ方は、
かなり違うと思います。

僕は、バブル世代とゆとり世代の中間の人なので、
どっちの気持ちもわりとわかるつもりです。

バブル世代の人は、やっぱりお金があることを好む人が多いような気がします。
なんとなくですが、年収750万円だと満足できない人が多いんじゃないかなとも思います。

毎日のように、高級レストランで外食しようとしたら、
年収750万円だと足りません。

年収750万ということは、サラリーマンの場合は、
だいたい手取りは月50万円ほどでしょうか。

毎日外食に2万円かかるとしたら、
月60万円かかります。
赤字です。

それに対して、ゆとり世代の人たち。

豪華さよりも、オシャレさを好む傾向があると思います。
オシャレなカフェでごはんが食べられれば満足なんじゃないでしょうか。

高くても1日5000円あれば足りるのではないかなと思います。

もっと言えば、男の人とかであれば、
吉野家の牛丼で大満足という人もいると思います。

1日1500円あれば十分いけます。

そんなゆとり世代の人にとっては、
年収750万というのは十分すぎるかもしれません。

だからこそ、研究機関によっては、
年収400万までという統計データがでているところもあるんだと思います。

例えば、僕の場合。

ここからは、統計ではなく、個人的なお話をします。
僕の場合はどうかというお話です。

お金と幸福度は関係しているかと聞かれれば、
「関係している」と答えると思います。

そこは否定できません。

だって、お金がなければ生活していけないですもんね。
インドとかで托鉢しながら生活できる人であれば、
「関係ない」という人もいるかもしれません。

でも、日本ではかなり難しいんじゃないでしょうか。

で、問題なのは、
お金が年収いくらあれば幸福を感じられるかというところですよね。

年収60万円だって幸福を感じられる。

僕は過去、年収60万円前後の時代がありました。
でも、そのときはとても幸福でした。

年収60万円だって、十分に幸福を感じることができます。

もちろん、一人暮らしをするような余裕はありません。
実家に居候です。

服を買う余裕だってあまりなく、
外食をするような余裕もありません。

毎日、母親が作る料理を食べていました。

客観的にみれば、ほとんどニートです。
可哀想な人と思われていたかもしれません。

でも、そんな中でも、
僕は幸福感を感じていたんです。

だって、十分に生きていくことはできていたからです。

年収1500万円だからって幸福か?

その後、僕は年収1500万円の時代も経験しています。
年収60万と比べるとえらい違いですね。

で、年収1500万円は幸福なんでしょうか?

たしかに、幸福だと思います。

でも、年収60万のときと比べて、
格段に幸福かと言われると、
そうとも言えないんです。

むしろ、年収1500万になってしまうことによる問題点もあったりします。

まず、社会保険料とか所得税などの、税金がとても高いです。
そして、車を所有したり、ちょっと高めの賃貸物件に住んだりすると、
すぐに、お金はなくなっていってしまいます。

年収60万円のころは、生活はとてもシンプルでした。

でも、年収1500万円になって、
それなりの消費をするようになると、生活は複雑になってしまうんですね。

楽しさは増えるけど、
それが幸福かと言われると、
ちょっと違うような気がするんです。

まとめ

というわけで、
お金と幸福度の関係についてお話しました。

結論としては、お金と幸福度の関係は、
その人の「心」によると言えると思います。

人によっては、年収1500万円だって満足できないでしょう。
年収1億欲しいという人もいると思います。

実際、そういう人も僕は見てきています。
世間的には羨ましがられるような収入があるのに、
本人は満足していなかったりします。

ちなみに、僕はおそらく、価値観はゆとり世代寄りだと思います。

とりあえず生活できれば満足できてしまう人です。
贅沢するよりも、節約して、
何もせずに生きていける時間を伸ばすことに喜びを感じるタイプかもしれません。

そもそも、幸福という言葉はとても曖昧ですよね。

人の「心」によっても、その定義は変わってきます。

そして、お金の収入を増やすということは、
世の中すべての人に可能というものではないと思います。

お金を稼ぐことができない人もいます。
そういう人は、幸福にはなれないんでしょうか?

僕はそんなことはないと思います。

だって、幸福度はお金よりも「心」に依るからです。
自分の心とは何なのか?

幸福になりたいのなら、それを追求していったほうがいいかもしれません。

関連記事:成功しても満足できない理由。