カテゴリー
探求

現実から逃げるってどういうことか?

「現実から逃げるな!」って言われたこと、あなたは、あるでしょうか?

僕は、面と向かって言われたことはないと思いますが、まあ、そう思われているんだろうなと感じることはあります。

どう思うのかは、人の勝手ですし、そう思われる事に対して、僕は、「誤解を解こう」とかいう努力をしません。

あんまり気にならないんです。

でも、人によっては、気にする人もいると思います。

特に、真理の探求をしていると、「現実から逃げるな!」と言われたり、そう思われることは多いと思います。

今回は、そんな人に向けて、援護射撃となるようなことをお話しようと思います。

探求者にとっての、ひとつの試練。

現実から逃げているように思われることは、探求者にとっては、ひとつの試練だと思います。

そして、自分自身、「確かに、現実から逃げているのかも?」という疑問がぬぐえないんじゃないでしょうか。

「別に、現実から逃げているわけじゃないんだよ」ということを、明確に、反論することができないんです。

「現実から逃げている!」と言われるなら、「まあ、確かにその通りかもね」となってしまうんじゃないかと思います。

現実から逃げようとする人と、それを揶揄する人の構図は、別に、今に始まったことじゃありません。

実は、その歴史は古いです。

少なくとも、2000年前まで遡ることができます。

大乗仏教を起こしたのは、現実から逃げようとする人を、揶揄した人たちです。

真理を悟るために、瞑想修行と、ブッダの言葉の研究に明け暮れる、部派仏教(小乗仏教)の人たちを、彼らは「現実から逃げている」と批判しました。

そして、「ブッダだって、前世では、人類を救済するための活動をしていた、だから、我々も、まずは人類を救済しなければならない」と主張しました。

そうやって起こったのが、大乗仏教です。

さらに、こういった構図は、覚者と、探求者の間でも、起こったりします。

「世界では戦争が起こっているのに、苦しみに満ちているのに、なぜ、あなたは何もしようとはしないのですか?」と、探求者が、覚者に問いかけることも、少なくありません。

すべての人が、死によって、現実から逃げることになる。

ある意味では、現実から逃げようとする人を、揶揄する人たちの主張には、ごもっともなところがあります。

確かに、目の前に困っている人がいれば、助けてあげたほうがいいですよね。

目の前に、餓死しそうな人がいれば、僕だって、お粥を差し上げる可能性は高いと言えます。

ただ、問題なのは、目の前に居ない人のことまで、想像しようとしてしまうことです。

そして、それを現実だと思い込もうとしてしまうことです。

例えば、被災地で水が足りないというニュースが流れたとき、多くの人は、水のペットボトルを被災地に送ろうとします。

良かれと思って、それをします。

でも、実際のところはどうでしょうか?

水が過剰になって、本当に必要な物資は不足しているというニュースも流れたりしています。

自分が現実だと思っていることは、実は、現実じゃなかったりもします。

僕は、記憶の中のニュースを元に、こうやって、とある状況を描写をしますが、そもそも、この描写は現実でしょうか?

これは、僕が、頭の中で、でっち上げた、単なる想像なんじゃないでしょうか。

現実って、一体なんなんでしょうか?

現実から逃げようとする人を、揶揄する人は、実は、自分自身も、真理の探求者であることが多いと思います。

そして、「人類を救済しなければならない」「世界を救わなければならない」と思っている人が多いように感じられます。

でも、そう思うことと、真理の探求というのは、何か関係があるんでしょうか?

もちろん、人類を救済しようとすること、世界を救おうとすることは、とても素晴らしいことです。

でも、そのことと、真理の探求には、なんの関係もありません。

そこに、関連性を持たせようとすることが、何かの勘違いなんです。

僕は、そのことについて、説得力のある話を聞いたことがありません。

そして、皮肉なことに、「現実から逃げるな!」と言う人自身が、現実から逃げずにはいられません。

体の死を迎えることにより、その人は、現実から逃げだすことになります。

もし、この世界が現実なのであれば、この現実から逃げずにいられる人はいないでしょう。

反対に、現実から逃げずにいるには、どうすればいいんでしょうか?

本当の現実とは何か?

本当の意味での、真理の探求というのは、どうすれば、現実から逃げずにいられるのかということの探求です。

言ってみれば、「現実とは何か?」ということの探求です。

この世界を、現実だと決めつけていたり、現実だと信じ込もうとする限り、本当の意味での、真理の探求はおこなうことができません。

なので、覚者というのは、探求者の意識を、世界ではなく、自分自身に向けさせようとします。

もちろん、覚者は、探求者の資質に合わせて、世界に意識を向けさせようとすることもあるかもしれません。

でも、それは、「世界の中に真理があるよ」ということを言っているのではなく、むしろ、その逆で、「真理の探求をするのには、まだ早いみたいだから、もうちょっと世界の中で遊んでみたほうがいいかもしれない」ということなんです。

別にそれは、良い悪いという問題ではなく、むしろ、まだまだ世界の中で遊べるということは、それはそれで幸運なことでもあります。

世界の中で遊ぶことに興味を持つことができない探求者は、八方塞がりです。

でも、それぐらいでないと、本気で真理の探求はできないでしょう。

そして、そういった本気の探求者は、はたから見ると、まるで現実から逃げているように見えるかもしれません。

それを、揶揄する人もいるかもしれません。

でも、もし、揶揄されるようなことがあるなら、そして、それが気になるなら、半沢直樹風にこう言ってあげればいいんです。

「じゃあ、おまえは絶対に現実から逃げるなよ!例え、死んだとしてもな!1000万回でも輪廻転生を繰り返すがいい。」

【関連記事】真理を悟りたいという欲求は、探求の障害になるのか?

【関連記事】世界は幻想なのか?

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。