カテゴリー
真我探求

悟後の修行は必要なんでしょうか?

「悟後の修行」という言葉があります。

悟った後にも、修行は続けられるべきである、という意味合いで使われることが多いのではないかと思います。

僕は、この言葉の意味が気になっていた時期がありました。

「なぜ、悟ってからも修行する必要があるんだ?」という疑問と、「そもそも、悟りって何なんだ?」という疑問が、同時に起こっていました。

悟りには段階があると言われることもあります。

もし、そうであるなら、悟後の修行というのもあり得るのでしょう。

でも、僕は、そもそも悟りとは何かということが理解できませんでした。

ハートとは何かを理解してはいましたが、僕は、それを悟りだとは思えませんでした。

結局のところ、僕は「悟後の修行」を経験することなく、探求を終えました。

つまり、僕にとっては、悟後の修行は必要なかったということになります。

とはいえ、こういったことは相対的な視点の問題かもしれません。

悟りとは一体なんなんでしょうか?

そもそも、悟りとは一体なんなんでしょうか?

このことが明確にならないからこそ、「悟後の修行」という言葉の意味も明確になりません。

ある人は、努力することによって、聖者みたいな人格に成ることを、悟りだと思うかもしれません。

ある人は、人の心を読みとる超能力を身につけることを、悟りだと思うかもしれません。

ある人は、「私は体ではなく、この意識なのだ」という実感を得ることを悟りだと思うかもしれません。

人は、なにかしらの悟りのイメージを抱いています。

そして、悟りたいと思ったなら、その方向に向かっていくわけです。

宗教によっては、悟りのガイドラインを用意しているところもあるかもしれません。

「こういう風にしてステップアップしていくんだよ」というガイドラインですね。

例えば、上座部仏教には四向四果というガイドラインがあったりします。

預流から始まり阿羅漢で終わるというステップを踏みます。

その一方で、ノンデュアリティ(非二元)のように「すべての人はすでに悟っている」と教えるところもあります。

ノンデュアリティの場合、悟後の修行はもちろん、悟るという目標すら否定されるでしょう。

(関連記事:非二元論を超えて【アドヴァイタ・ノンデュアリティ】

悟りと一口に言っても、世の中には、さまざまな悟りの定義があるわけです。

自由意志が肯定されるなら、悟後の修行は必要かもしれません

悟りの定義はさまざまです。

でも、大きく分けるなら、自由意志が肯定される悟りと、自由意志が否定される悟りの、2つに分けられるのではないかと思います。

例えば、神に向かって祈ることによって、悟り体験を得たという場合、自由意志が肯定される傾向があるのではないかと思います。

祈ろうとするからこそ、悟り体験を得たのであり、自由意志は、祈ることを続けたがるかもしれません。

悟り体験を、さらに確かなものにしたがるかもしれません。

それはまさしく、悟後の修行なんじゃないでしょうか?

また、マントラを唱えることによって、人の心を読みとる超能力が身についた場合、自由意志は肯定される傾向があるんじゃないかと思います。

その超能力は悟りの証なのであり、自由意志は、その超能力にさらに磨きをかけたいと思うかもしれません。

そしてまた、多くの人の心を読みとりたいと思うかもしれません(おせっかいにも)。

それはまさしく、悟後の修行なんじゃないでしょうか?

多くの人が抱く悟りのイメージは、こういったものが多いような気もしています。

何かをすることによって、悟りが得られるというイメージです。

なので、自由意志は肯定されます。

自由意志なしには悟りを目指すこともできないでしょう。

とはいえ、なんらかの悟り体験や、超能力が身についたとしても、その自由意志は満足しないことがほとんどだと思います。

大抵の場合、悟り体験は一時的なものですし、超能力は、弱まったり失われることもあります。

なので、自由意志は、「悟後の修行が必要だ」と主張するようになります。

悟後の修行を怠ることは、悟りの道から外れることであって、堕落への道につながると主張することもあるかもしれません。

でも、僕は、「悟後の修行を終えた」と言う人を知りません。

悟後の修行と言うからには、そこにはゴールがあるべきなんじゃないでしょうか。

でも、そのゴールに到達したと言う人はいないんです。

悟後の修行というのは、ゴールが見えないエンドレスな道であるように見えます。

悟りというのは、そういうものなんでしょうか?

自由意志が否定されるなら、悟後の修行はあり得ません

「悟りとは、自由意志が失われることだ」と言われることもあります。

悟ろうとする自由意志が失われることが、悟りだということですね。

これ、理解できるでしょうか?

人によっては、「それはまさしく堕落への道だ」と思うかもしれません。

自由意志なくしては、悟りへ向かうという方向性を保つことはできないからです。

好き勝手に行動することが悟りへの道でしょうか?

もしそうであるなら、すべての人が悟りへの道へと向かっていることになります。

わざわざ悟るために努力する必要もないでしょう。

なので、多くの人は、悟るためにも、自由意志を保ち続けたいと考えます。

でも、悟り体験や、超能力を得たとしても、自由意志は満足しないわけです。

「悟後の修行が必要だ」と主張するようになります。

そして、「悟後の修行を終えた」と言う人はいないわけです。

それは何故なんでしょうか?

それは、自由意志を保たなければならないという前提が、そもそも間違っている可能性を示しているんじゃないでしょうか?

人は、「悟りとは何か?」と考え、その方向に向かいたいと考えます。

でも、〝誰が悟りたいと考えているのか〟ということには無自覚なことが多いです。

この自由意志が悟りたいんでしょうか?

でも、この自由意志とは一体何なんでしょうか?

実のところ、自由意志とは、意識に方向性を持たせるための一時的な機能性でしかありません。

なので、悟り体験を得たとしても、それは自由意志がそこにあるときだけの一時的なものになります。

超能力が身についたとしても、それを使えるのは、自由意志と、その対象がそこにある時だけです。

言ってみれば、その悟りは、自由意志という存在に依存しているんです。

なぜ、悟りという現象を自由意志に依存させてしまうんでしょう?

本当の意味での悟りというのは、その自由意志から解放されることです。

自由意志が解放されるんじゃないんです。

自由意志を観照するこのハートが、自由意志から解放されるんです。

退屈や苦しみから解放されるんです。

それは一時的じゃありません。

そのことに気がついてしまえば、悟後の修行はあり得ないということを悟るかもしれません。

(関連記事:瞑想にゴール(目標・目的)はあるんでしょうか?

作成者: 山家直生

空白JPアーカイブ2020+」「空白JPアーカイブ2021+」紙書籍&電子書籍(Kindle)も出版しています。

Twitterもやっています。

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。