カテゴリー
仏教(ブッダ) 非二元論

非二元論と大乗仏教の「空」の思想は似ている?

非二元論と、大乗仏教の「空」の思想は、似ていると言われることがあります。

非二元論も、大乗仏教も、オリジナルな教えというわけではありません。

どちらにも、そのオリジナルがあります。

大乗仏教の場合には、もちろん、ゴータマ・ブッダの教えがあります。

非二元論の場合には、その源流を辿るなら、不二一元論を提唱したシャンカラの教え、ということになるんでしょうか。

オリジナルの教えが、時を経て、だんだんと枝分かれしたり、変化していくのはよくあることです。

でも、非二元論と、大乗仏教は、その源流は違います。

にも関わらず、その思想は、確かに似ているかもしれません。

なぜ、似てくるのか?

そして、オリジナルの教えから、どう変化したのかということも含めて、お話します。

ブッダのニルヴァーナを否定した大乗仏教。

実は、大乗仏教は、ニルヴァーナの存在を否定しています。

ニルヴァーナというのは、涅槃のことですね。

ゴータマ・ブッダの教えは、スッタニパータや、ダンマパダを読めば、どういうものなのかが分かります。

どちらも、大乗仏教が起こる前に作られた経典です。

紀元前200年台ごろと言われています。

その経典を読むと、「安らぎ(ニルヴァーナ)」という言葉が良くでてきます。

ブッダの教えの目的は、ニルヴァーナの境地に至るためのものだとも言うことができるんです。

にも関わらず、大乗仏教では、そのニルヴァーナの存在を否定します。

正確に言えば、大乗仏教を起こした立役者である龍樹(ナーガールジュナ)が、ニルヴァーナの存在を否定しました。

紀元150年〜250年頃の人物です。

龍樹は、「空」の思想を体系化した人として良く知られています。

大乗仏教以前にも「空」という言葉は使われていましたが、それを、論理的に体系化したのが龍樹なんだと思います。

龍樹は「一切は空であり、すべては縁起によって成り立っている」と言います。

龍樹の特徴は、その「空」にすら、実体はないと言っているところです。

非二元論に馴染みのある人であれば、「世界は実在しないとしても、「空」(意識)は実在するんじゃないの?」って思うんじゃないでしょうか?

よく、テレビのディスプレイに例えられますよね。

僕も、よくその表現を使います。

この記事「「空(くう)」の意味、ものすごく分かりやすく解説」でも使っています。

でも、龍樹の場合、ディスプレイに映像が映っていないのであれば、そのディスプレイも、存在していないということになります。

言ってみれば、「無」です。

でも、「無」すら、実在しているわけじゃないと言います。

徹底して、実在するなにかを否定します。

非二元論どころじゃなくて、一元すら否定します。

言ってみれば、ゼロ元論、無元論という感じでしょうか。

その結果、ブッダの言う、ニルヴァーナの存在すら、否定します。

でも、ブッダの言ったことを、否定するのであれば、それは仏教じゃなくなります。

そこで、龍樹はこう考えました。

「ブッダは、大衆に分かりやすいように、「ニルヴァーナ」という方便を使ったのであって、本当に言いたかったことは、私の「空」の思想と同じだ」と。

そうして、龍樹は、ブッダの教えを立てつつ、「空」の思想を大乗仏教の中心に据えることに成功します。

でも、それは間違いです。

「空」の思想がそんなに大事なのであれば、なぜ、ブッダは、「空」の思想を論理的に体系化しなかったんでしょうか?

それを、できなかったはずはありません。

あえて、そうしなかったんです。

最古の仏典と呼ばれるスッタニパータの中には、「空」という言葉はたった1語しかでてきません。

「つねによく気をつけ、自我に固執する見解をうち破って、世界を空なりと観ぜよ。そうすれば死を乗り越えることができるであろう。このように世界を観ずる人を、(死の王)は見ることがない。」(1119節)

これだけです。

ブッダの教えの中心は、「八正道」の実践です。

八正道というのは、ものすごく簡単に言えば、瞑想的な日常生活のススメです。

そして、なんで、八正道を実践したほうがいいのかという理由付けとして、「四諦(したい)」があります。

四諦というのは、この世は苦しみだらけだけど、苦しみには原因がある、苦しみは滅することができる、そのための方法として、八正道がある、ということを示したものです。

四諦を理解して、八正道を実践した先に、ニルヴァーナがあります。

実のところ、「空」とは何かを本当の意味で理解できるのは、ニルヴァーナを理解した時だけです。

「空」を論理的に理解することは不可能です。

ただ、ブッダだって、この世界についての形而上学的な質問をされたなら、「空」の思想を語ったと思います。

でも、それを論理的に体系化することには、興味を持たなかったでしょう。

あくまでも、大事なのは、八正道の実践だからです。

でも、思想として面白いのは、やっぱり「空」なんです。

ブッダの死後、後世の人達が、「空」に興味をもってしまうのは当然といえば、当然のことです。

龍樹みたいに、「空」の思想を、論理的に穴のないものにしようとする人が現れたのも、当然といえば、当然といえます。

そして、ニルヴァーナに至る道は、「空」の思想によって覆われてしまいました。

不二一元論を提唱したシャンカラは、何を語ったのか?

次に、不二一元論についてです。

不二一元論を提唱したのは、インド最大の哲学者と言われているシャンカラです。

紀元700年〜750年ごろの人物です。

シャンカラは、一体、何を語ったんでしょうか?

実は、シャンカラの教えの目的も、ブッダと同じく、ニルヴァーナの境地に至ることです。

シャンカラの著書である、ウパデーシャ・サーハスリーの中には、こんな一節があります。

「それゆえに賢者は、理論と聖典に基づいて、あらゆるものに平等であり、つねに輝き、存在するとかしないとか誤って想定されている二元から自由なアートマンを考察して、あたかも灯火が吹き消されるように、完全なニルヴァーナ(涅槃)に赴く」(19章25節)

ただ、ブッダとは方法論が違います。

シャンカラの教えは、哲学的です。

八正道みたいなものは説きません。

ただ、アートマンとブラフマンは、同一のものであるという知識を理解することで、ニルヴァーナに至ることができると説きます。

ブラフマンというのは、宇宙の根本原理と呼ばれています。

アートマンというのは、輪廻転生する主体、個我(魂)と呼ばれています。

「君は、自分のことを体とか心と思っているかもしれないけど、その本質はアートマンであって、アートマンはブラフマンと同一のものなんだよ」というのが、シャンカラの教えの真髄です。

ブラフマンとして在ること、それがニルヴァーナです。

なので、シャンカラは、ニルヴァーナの存在を否定する、大乗仏教を否定しています。

ウパデーシャ・サーハスリーの中でも、大乗仏教を引き合いに出して、ことあるごとに否定しています。

この頃は、インドでも、大乗仏教の影響力が強かったようです。

龍樹によって、「空」の思想を論理的に体系化した大乗仏教は、論争にすこぶる強い宗教となりました。

その影響は、シャンカラが属するヴェーダーンタ学派にも及んでいたそうです。

ヴェーダーンタ学派が、だんだんと、仏教化していっていたんですね。

「それはよろしくない!」ということで、シャンカラが提唱したのが、不二一元論なんですね。

ヴェーダーンタ学派というのは、ヴェーダ聖典に付属する哲学書である、ウパニシャッドの精神を引き継いだ学派です。

ウパニシャッドの大部分は紀元前600年〜300年ごろに作られたと言われています。

シャンカラは、論理的な整合性よりも、ウパニシャッドによる裏付けがあるか、ということを重要視しました。

「ウパニシャッドにこう書かれているから」ということに、正当性を求めたんですね。

ウパデーシャ・サーハスリーの中でも、数多く、ウパニシャッドからの言葉を引用しています。

ちなみに、なぜ、単なる「一元論」じゃなくて、「不二一元論」なんでしょうか?

それは、一元論と言っても、色々とあるからです。

アートマンは、ブラフマンの一部であるという考え方も、一元論と呼ばれます。

ブラフマンが海水なのであれば、アートマンは海水の一滴と言われることがあります。

そういった、違いがあっても、海水は海水に違いないので、一元論ということになります。

この場合、ブラフマンの中で、アートマンが輪廻するという考え方が肯定されます。

でも、不二一元論の場合には違います。

ブラフマンが海水なのであれば、アートマンも海水なんです。

言ってみれば、質も、サイズも、同一であるというのが不二一元論です。

この考え方の場合、輪廻というのは否定されます。

ブラフマンとアートマンが、質もサイズも同一なのであれば、何が何の中で輪廻するんでしょうか?

シャンカラは、ウパデーシャ・サーハスリーの中で、こう書いています。

「輪廻の根源は無知であるから、その無知を捨てることが望ましい。それゆえに、ウパニシャッドにおいて、宇宙の根本原理ブラフマンの知識が述べ始められたのである。その知識から、至福(=解脱)が得られるであろう。」(1章5節)

シャンカラの不二一元論は、インドの人々に受け入れられて、ヴェーダーンタ学派は勢力を取り戻します。

反対に、大乗仏教は、勢いを失い、紀元1200年頃には、インド国内においては消滅してしまいます。

今では、ヴェーダーンタ学派というのは、インド国内でも、最も影響力のある学派なんじゃないでしょうか?

非二元論でも、ニルヴァーナは否定されている?

次に、非二元論についてです。

非二元論は、「ネオ・アドヴァイタ」とか「ノンデュアリティ」と呼ばれることがあると思います。

特に、欧米で解釈された不二一元論のことを、そう呼ぶ傾向が強いようです。

その立役者といえば、トニー・パーソンズということになるんでしょうか?

僕も、トニー・パーソンズの本を、2冊ほど読んでいます。

「オープン・シークレット」と「何でもないものが、あらゆるものである」の2冊です。

このブログの中でも、僕は、何回かトニー・パーソンズを引き合いに出しています。

この記事「非二元論を超えて【アドヴァイタ・ノンデュアリティ】」とか。

どちらかというと、僕は、トニー・パーソンズに対して否定的だと思う人もいるかもしれません。

でも、そうでもないんです。

というのも、トニー・パーソンズは、ニルヴァーナを知っているはずだからです。

まあ、現代ではあまりニルヴァーナって言葉は使いませんよね。

現代では、ハート、至福、喜び、沈黙、静寂、平和、解放、生の感覚などの言葉が使われます。

僕は、「ハート」とか「至福」とかいう言葉を、好んで使います。

トニー・パーソンズは、「解放」とか「生の感覚」という表現を好むようです。

そして、トニー・パーソンズは良くこう言います。

「あなたは存在しない」

「あなたにできることはなにもない」

「ここに、生の感覚だけがある」

確かに、その通りなのですが、おそらく、多くの人は「生の感覚」を理解できないでしょう。

だって、それが解放であり、ニルヴァーナだからです。

最初のうちは、それを感じることができないんです。

トニー・パーソンズ自身は、それを感じていると思います。

でも、トニー・パーソンズの目の前にいる人が、それを感じられるかというと、話が別です。

勘違いする人も多いでしょう。

「この、退屈の感覚が「生の感覚」なのか?」って。

「この、苦しみの感覚が「生の感覚」なのか?」って。

はたまた、トニー・パーソンズの話を聞いて、ワクワクする人がいるのであれば、「あ、これが「生の感覚」なのね!」って勘違いするかもしれません。

もちろん、「何も感じないんだけど?」という人もいるでしょう。

覚者にとっての「生の感覚」は、探求者にとっては「苦しみ」だったり、「退屈」だったり、「ワクワク感」だったり、「感覚の無さ」だったりするわけです。

覚者にとっては、ひとつの感覚であっても、探求者にとっては、多様な感覚なんです。

なので、多くの覚者は、そういった、多様な感覚をとりのぞくために、方法論を語ります。

ブッダなら、八正道だったり、シャンカラなら、ブラフマンについての知識です。

でも、トニー・パーソンズは、そういった一切の方法論を否定します。

「あなたにできることはなにもない」と言います。

でも、本当にそうでしょうか?

例えば、トニー・パーソンズは、「あなたは退屈と憂鬱が生命力だと言っているのですか?」という質問に対して、こう答えています。

「退屈している・・・・これは一なるものが退屈して、憂鬱になっているのです。それは他の何かではありえません。解放は完全にすべてを含むのです。」

確かにその通りなのですが、なぜ、「退屈や憂鬱は存在しません」とは言わないのか、不思議に思います。

個人がいないならば、退屈や憂鬱を感じる人もいないからです。

一なるものは、個人が退屈していることに、気づきます。

でも、一なるもの、そのものは、退屈しません。

熟睡中には、退屈しないのと同じです。

むしろ、熟睡中には、心地よさだけがあるんじゃないでしょうか?

そして、もし、個人がいるのであれば、ある程度、方法論を伝えることができます。

でも、トニー・パーソンズは、個人の存在は認めずに、退屈や憂鬱といった存在は認めます。

真理に矛盾はつきものですが、ちょっとした矛盾のようにも思えます。

そして、にも関わらず、「至福」や「平和」や「喜び」といったものは否定します。

おそらく、「ニルヴァーナ」の存在も否定するでしょう。

なので、トニー・パーソンズの話を聞いて、こういうふうに理解する人も多いんじゃないでしょうか?

「私は存在しない、世界も存在しない、至福も存在しない、ニルヴァーナも存在しない、私にできることはなにもない、存在するのは、ただ、この生の感覚(苦しみや、退屈や、ワクワクや、何も無さ)だけ」

仮に、生の感覚を、何も感じないのであれば、この理解は、すべての実在を否定する、龍樹の「空」の思想にとても近いんじゃないでしょうか?

なので、非二元論は、大乗仏教の「空」の思想に似ていると言われたりするんだと思います。

非二元論は、その言葉のイメージから、その源流は、不二一元論(アドヴァイタ)にあるように思われています。

なので、ネオ・アドヴァイタと言われたりします。

でも、実際のところは、非二元論では、シャンカラの「シャ」も語られないですし、アートマンとブラフマンについても語られません。

「〇〇は存在しない」という思想を前面に押し出しているという意味において、ニルヴァーナの存在を否定しているという点において、やはり、非二元論と、大乗仏教の「空」の思想は似ていると思います。

でも、「私は存在しない」とか「世界は存在しない」ということは、ほんとうのところは、探求の最後に分かることです。

仮に、この世界で、1番最初に、真理を悟った人がいたとしましょう。

その人は、「私は存在しない」とか「世界は存在しない」ということを、いつ、理解するんでしょうか?

少なくとも、その理解が、探求の入り口になることはあり得ません。

それを知っている人が、まだ、いないからです。

それでも、真理を悟る人は現れるわけです。

探求において、「私は存在しない」とか「世界は存在しない」ということを、あらかじめ知っておく必要は、必ずしもないわけです。

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。