カテゴリー
死の恐怖

死の恐怖は、どこからやってくるのか?

あなたは、死ぬのが怖いでしょうか?

死の恐怖の感じ方には、結構、個人差があるようです。

僕は、小学1年生の時に、死の恐怖にとらわれました。

一方で、死ぬのは大して怖くないという人もいます。

「だって、死んじゃったら、死の恐怖を感じないじゃん」と言います。

でも、死が訪れる、その瞬間まで、そう思い続けることはできるでしょうか?

死の恐怖を抱きながら、死んでいくことは、恐れるべきことなんじゃないでしょうか?

バッドエンドです。

でも、「死」そのものは、決して悪いものではありません。

もし、そうであるなら、この世界は、バッドエンドが運命づけられているようなものです。

人が、死を恐れるのは、死の本質を理解していないからです。

死ぬとはどういうことか?

そもそも、死ぬってどういうことなんでしょうか?

心臓が止まって、血流も止まり、細胞の崩壊が始まり、脳もその機能を停止することが、「死」なんでしょうか?

死を、現象的に語るなら、そういうことになるかもしれません。

死ぬと、その体は動かなくなり、腐っていきます。

日本では、体が腐る前に、火葬して、骨とか灰にします。

それが、「死」ということになります。

あなたは、それを恐れるでしょうか?

おそらく、そのこと自体は、それほど恐れてはいないんじゃないでしょうか?

むしろ、恐れているのは、「意識」の消滅なんじゃないでしょうか?

死というのは、睡眠とは違います。

熟睡中は、意識が消えています。

でも、起きれば、意識は戻ります。

なので、寝ることによって、意識が消えるのを、恐れたりはしません。

でも、死は違います。

普通に考えるならば、体が死んでしまえば、意識は戻ってこないように思えます。

意識は、永遠に消滅するように思えます。

永遠の「虚無」におちいるように思えます。

人は、それを恐れるんじゃないでしょうか?

人は、意識よりも、記憶の消滅を恐れる?

多くの人は、次のような関係性で、死を恐れているはずです。

「体の死」→「意識の消滅」→「虚無」

でも、この関係性には、死角があります。

実は、「意識の消滅」の影に隠れている存在があります。

それは「記憶」です。

記憶と、死が、どのように関係しているかを、考えたことがある人はいるでしょうか?

実は、ものすごく密接に関係しています。

極端なことを言えば、多くの人は、意識の消滅以上に、記憶の消滅を恐れています。

例えば、寝て起きたら、あなたの、すべての記憶が消滅していたらどうでしょうか?

意識は消滅はしていません。

体も死んでいません。

でも、記憶は消滅しています。

記憶が消滅した、その人は、あなた自身だと言えるでしょうか?

「それは死んだも同然だ」と思う人は少なくないんじゃないでしょうか?

言ってみれば、体があっても、意識があっても、そこに記憶が無いのであれば、それは、あなたじゃないんです。

多くの人は、あまり自覚していませんが、「私が存在する」という認識は、その「記憶」に大きく依存しています。

「私」は「記憶」なのか?

そう考えると、「体の死」→「意識の消滅」→「虚無」という関係性は、疑うべきなんじゃないでしょうか?

体があっても、意識があっても、記憶が消滅することは、恐れるべきことだからです。

それは、死と同じようなものに感じられるからです。

「記憶の消滅」→「虚無」

という関係性も、あり得るように感じられます。

となると、「記憶」って一体、何なんでしょうか?

一般的には、記憶というのは、脳に格納されている、単なるデータのように考えられていると思います。

今まで、経験してきたり、イメージしてきたものの、集合体です。

でも、なぜ、その記憶が消滅すると、自分が死んだも同然だと感じてしまうんでしょうか?

それって、「自分は記憶と同じだ」と言っているようなものなんじゃないでしょうか?

実は、あなたは、単なる記憶という存在なんじゃないでしょうか?

「そんなバカな!」と思うかもしれません。

でも、この理解、可能性は、死の恐怖を克服するための、カギとなります。

記憶に、重要性を与えないこと。

本当のところは、あなたは、記憶じゃありません。

でも、あまりにも記憶に慣れ親しんでいるため、自分という存在の根拠を、記憶に貼り付けてしまっているんです。

例えば、「あなたの名前は?」と聞かれたなら、記憶から自分の名前を取り出してきますよね。

記憶を使わずに、会話することなんて不可能です。

記憶を使わずに、車を運転することも不可能です。

目的地までの道のりは、記憶から引っ張り出します。

言ってみれば、何かしらの行為をする限り、記憶の重要性は高まっていきます。

そして、記憶は、そのことを悟らせません。

記憶の重要性は高めつつ、自らは、存在しないかのように振る舞います。

日常生活の中で、あなたは、どれだけ記憶を参照しているでしょうか?

意識しているでしょうか?

ほとんど、意識していないんじゃないでしょうか?

「世界」というイメージを思い浮かべる時、あなたは、記憶の中の「世界」を参照します。

でも、あなたは、記憶を参照しているという自覚はないんじゃないでしょうか?

実在する「世界」を参照していると思っているんじゃないでしょうか?

あなたは、「自分」というイメージを思い浮かべる時、記憶の中の「セルフイメージ」を参照するんじゃないでしょうか?

そして、そのセルフイメージにリアリティを感じているんじゃないでしょうか?

でも、それは単なる記憶です。

記憶は、現実のフリをして、そこに、巧妙に隠れています。

あなたは、このことに、気がつけているでしょうか?

このことに、気がつけるようになるには、行為を止めることが必要になります。

記憶を参照しないことです。

記憶に、重要性を与えないことです。

なので、探求の世界では、瞑想が推奨されたり、静かにすることが推奨されます。

そして、記憶を参照しないことに慣れてくると、あることに気がつくようになります。

ここに、「虚無」が在るということにです。

人は、意識が消滅したところに、虚無があると思っています。

でも、虚無は、今、ここに在ります。

もちろん、5感覚を通じて感じられる、この世界はあります。

でも、その根底には、虚無が在ります。

虚無というのは、絶対的な無のことだと思われていると思います。

避けるべきものだと思われていると思います。

でも、それは違います。

虚無とは、唯一の有のことです。

次回「「虚無(絶対無)」を唯一の「有」と見抜く」に続きます。

【関連記事】瞑想をすると死の恐怖は消えるのか?

【関連記事】タナトフォビアを克服するために「無」を経験してみる。

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。