僕たちが生まれてきた理由は、死を恐れているから?

今回は「僕たちが生まれてきた理由」についてです。
だいぶディープなテーマですね。

そして、ディープな結論をお話します。

逆説的ですが、
僕たちが生まれてきたのは、
死を恐れているからです。

人生という無意味さ。

僕たちが生まれてきた理由。
それを知りたいという人はかなり多いと思います。

僕も知りたいと思っていた時がありました。

「人は使命を持って生まれてきている」とか
「意味のない人生を、意味あるものにするために生まれてきている」とか
「エキサイティングな人生を経験するために生まれてきている」とか。

僕たちが生まれてきた理由として、
こういうことが言われることがあります。

人生の無意味さに悩んでいる人にとっては、
それは魅力的な言葉のように感じるかもしれません。

僕も、無意味な人生に、なにか意味を持たせようと、
行動していたときもありました。

でも、どうにもシックリこないんです。
なにかを見落としているような、
そんな感覚です。

死への恐れが、生まれてくる原動力。

今なら、わかります。
僕たちが生まれてきた理由。

それは、死を恐れているからです。

生まれてきた理由というか原因ですね。
死への恐れが、僕たちが生まれてくる原動力になっているんですね。

僕たちは、生まれてくる前は死んでいました。
ちょっと変わった考え方かもしれませんが、
僕たちの、生まれてくる前と、死後、なにか違いはあるでしょうか?

おそらく、違いはないと思います。
つまりは、僕たちは、死んでいる状態から生まれてきたんです。

死んでいる状態から、なぜ、僕たちは生まれたんでしょうか?

死という究極の退屈に、耐えることができない?

死んでいる状態は、
究極の退屈とも言えると思います。

「死んだら退屈なんて感じないんじゃないの?」って思うかもしれませんが、
もし、退屈を感じでいたとしたらどうでしょうか?

もう、うんざりするぐらいの長い時間を退屈の中で過ごすことになります。
ちょっと怖くなりませんか?

僕たちは生きている今この瞬間だって、
退屈を恐れる生き物です。

1時間だって退屈するのはイヤだと思います。
僕は思います。

死という究極の退屈に耐えられなくなって、
僕たちは生まれてくるのではないかと。

だからこそ、僕たちは生まれながらにして、
退屈を恐れているんだと思います。

生きる意味や、使命や、天命があると思いたい心理。

そう考えると、僕たちが人生を無意味に感じてしまうのは、
仕方がないことだとも言えるかもしれません。

だって、ただ、死んでいる状態から抜け出すためだけに、
生まれてきているかもしれないんですから。

もちろん、人によっては、なにか、
目的を持って生まれてきているかもしれません。

死への恐怖の他に、
なにか、達成したいなにかを持って生まれてきている人ですね。

そいういった人は、誰かに言われずとも、
行動せずにはいられないと思います。

それは使命とか天命と呼ぶこともできるかもしれません。

でも、そういった目的をもたずに生まれてきている人も多いと思います。
ただ、死への恐怖だけをもって生まれてきた人ですね。

そういう人は、人生が無意味に感じるかもしれません。

そして、生きる意味や、使命や天命をもっているようにみえる人を、
羨ましく思うかもしれません。

だって、それがあれば、人生に退屈せずにすみますから。

人生、死ぬまでの暇つぶし?

「人生、死ぬまでの暇つぶし」という言葉があります。

基本、人生というのは暇だし退屈なものという前提にたった言葉ですね。
人生の無意味さを知っている人の言葉だと思います。

確かに説得力があります。

そして、僕は「人生、死ぬまでの暇つぶし」だと思って生きていたこともあります。

ゲームにハマってみたり、マンガとか音楽、旅行とか。
でも、結局、飽きてしまうんですね。
飽きてしまうこととの戦いです。

そのうち、暇つぶししようとすることが面倒くさくなってきてしまうんです。

関連記事:本当に「人生、死ぬまでの暇つぶし」なのか?

死や退屈を恐れるのは、その本質を知らないから。

結局のところ、
僕たちは退屈と向き合わなければいけない時がきます。

生きている間、退屈せずにすむ人もいるかもしれません。

でも、死んだら、究極の退屈と向き合わなければいけません。
退屈に慣れていない人にとっては大きな苦しみだと思います。

そして、死んでいることに耐えられずに、
すぐにまた生まれてくることでしょう。

僕は、輪廻転生というのは、
こういう仕組みで働いているのではないかなと思っています。

でも、なんで、僕たちは退屈を恐れるんでしょうか?

そして、その理由はなんなんでしょうか?

これについて、
明確に応えられる人はあまりいないと思います。

多くの人にとって、退屈は問答無用で避けたいものなんです。

なぜかというと、
退屈は、死を思い起こさせるからですね。

なんたって、死とは究極の退屈ですから。

でも、退屈や死は、本当に恐ろしいものなんでしょうか?

僕たちが退屈や死を恐れるのは、
その本質を知らないからかもしれません。

関連記事:僕たちは生きながらにして輪廻転生しているのではないか?

ブッダが発見した「空」とはなにか?

死や退屈の本質に、
世界で初めて気づいたのがブッダかもしれません。

おそらく、その前にもいたと思いますが、
今にも続いている歴史上でみると、おそらくブッダだと思います。

約2500〜2600年前です。

ブッダは「空」という概念を説きました。

空というのは、なにも無いんだけど、
すべてが有るというような抽象的な概念のことですね。

実はこれ、退屈についても言うことができます。

退屈ってどういう状態でしょうか?

なにもすることがない状態ですよね。
体も動かす必要がないし、思考をする必要もありません。
退屈です。

多くの人が恐れる状態です。
無になってしまうように感じます。

でも、ブッダはこの状態を根気強く観察しました。

そして、そこになにかを発見したんですね。
無ではなく、有ることを発見したんです。
そのことを「空」と呼んでいるんですね。

退屈とは恐れるべきなにかではなく、
むしろ、自分を満たしてくれるなにかということに気づいたんです。

そうなると、究極の退屈である死も恐れなくなってきます。

まとめ

というわけで、僕たちが生まれてきた理由についてお話しました。
それは、僕たちが死を恐れているからなんです。

逆説的ですが、
死ぬために生まれてきているわけではなくて、
死を恐れているからこそ、生まれてくるんですね。

人によっては、ちょっと絶望的な話に聞こえるかもしれません。

なにか、意味のある目的をもって生まれてきたと思いたい人もいると思います。

それはよ〜くわかります。
僕だってそうだったんですから。

でも、なんだかシックリこない、
なにか見落としている感覚が続く人もいると思います。

このお話は、そういった人たちのためのものです。

死とは何か?
退屈とは何か?

ぜひ、探求してみてください。

退屈の正体がわかれば、
使命をもたずに生まれてきてよかったと思うかもしれません。

というか、死や退屈への探求が使命なのかもしれません。

関連記事:僕たちは何から自由になりたいのか?人?お金?時間?仕事?自分?