カテゴリー
探求

なぜ「私は在る」を悟っても探求は終わらないのか?

「私は在る」という感覚は、自分自身が意識そのものであることを自覚することと、ほぼイコールと考えていいかもしれません。

(正確に言えば、意識がハートに気がついている状態ですが)

そして、そのことを自覚することは、一般的には、「悟り」と言われるかもしれません。

でも、正直な探求者であれば、「私は在る」を悟ったとしても、それで、探求が終わったようには感じないんじゃないでしょうか?

「いやいや、「私は在る」という感覚は分かったけど、だから何?」って思うかもしれません。

実際のところ、探求は終わりません。

今回は、その理由について、お話したいと思います。

「私は在る」は、浄化具であり、剣である。

バガヴァッド・ギーターには、こんな言葉があります。

「あたかも燃火が薪を灰にするように、知識の火はすべての行為(業)を灰にするのである。」(4・37)

「というのは、知識に等しい浄化具はこの世にないから。行為のヨーガにより成就した人は、やがて自ら、自己(アートマン)のうちにそれ(知識)を見出す。」(4・38)

「私は在る」を悟るということは、「知識」を見出すということです。

一般的な意味での知識というと、脳内に蓄積された、具体的な情報のことをイメージするかもしれません。

でも、真理の探求において、知識というのは、「私は在る」ということを悟ることです。

「私は、意識であり、ハートである」ということを、悟ることです。

脳内に、具体的な情報が得られずとも、それは知識なんです。

このことは、なかなか実感としては、理解しにくかったりするのですが、「私は在る」という感覚を理解するということは、知識を得たということであり、知識は、最高の「浄化具」です。

知識というのは、何かを浄化するためにあるんですね。

浄化という言葉がピンとこないのであれば、こんな言葉もあります。

「知識の剣により、無知から生じた、自己の心にある疑惑を断ち、行為のヨーガに依拠せよ。立ち上がれ、アルジュナ。」(4・42)

知識の「剣」と言っていますね。

つまりは、知識というのは、知ってそれで終わりというものではなく、利用するものなんです。

「私は在る」という感覚は、利用するものだということなんです。

「私は在る」を悟っても、残党狩りが残っている。

真理の探求を、合戦に例えてみます。

「私は在る」を悟るということは、敵の大将を討ち取ったということに似ています。

「私は、体を持った個人なんだ!」という認識を、討ち取った感じでしょうか。

その合戦には勝利したということです。

でも、合戦はそれで終わるでしょうか?

人類の歴史を見てみるならば、親族同士で戦いあうことは日常茶飯事です。

バガヴァッド・ギーターだって、親族同士での戦いのストーリーです。

関連記事:バガヴァッド・ギーターを、わかりやすく解説

大抵の場合、敵側の血族を滅ぼすまで、戦いは続きます。

敵大将を討ち取ったとしても、残党狩りが行われます。

日本の平家物語だって、源氏によって、平氏が滅ぼされてしまうストーリーです。

実は、真理の探求においても、それは同じなんです。

「私は在る」を悟ったとしても、残党狩りが残っているんですね。

人は、自分がどんな思い込みや認識を持っているのか、すべてを同時に自覚することはできません。

意識の中に、現れたときにしか、それを自覚することができないんです。

「私は、体を持った個人なんだ!」という大将は討ち取ったかもしれませんが、その親族はまだ、潜在的な存在として、相当数、生き残っています。

その中には、「世界は実在している!」という認識や、理想的な自分に関しての認識、理想的な世界に関しての認識などがあります。

おそらく、「私は在る」を悟ったとしても、理想的な自分や世界を目指すことは続くでしょう。

僕も、続きました。

「それの何が悪い?」って思うかもしれません。

もちろん、悪くはないのですが、それは、残党にやられてしまっている状態です。

大抵の場合には、苦しみが、そのことに気がつかせてくれます。

残党にやられている限り、理想と現実のギャップに苦しむことは続きます。

せっかく「私は在る」を悟ったのに、宝の持ち腐れになってしまっているんです。

もし、残党にやられてしまっていることに気がついたのであれば、ぜひ、「私は在る」を使ってください。

「私は在る」という浄化具、剣は、そういった認識(残党)を解体していくためのものです。

最後の残党は「あなた」です。

日常生活の中で、「私は在る」ことが多くなってくるならば、残党はどんどんと少なくなっていきます。

前回の記事「PNSE(継続的非記号体験)って何だ?【心理学的な悟り】」でも少しお話したのですが、思考の量が減り、感情の変化も少なくなり、記憶の重要度が低下していきます。

そして、ある時点で、「世界は実在している!」という認識が崩壊します。

それは、残党狩りの終わりを意味します。

悟りというのは、ジョークみたいなものと言われることがあります。

僕は、「私は在る」を悟ったときには、「全然、ジョークみたいに感じないじゃん」と思ったのですが、世界の実在性が崩壊したときには、「なるほど、確かにジョークみたいかも」と思いました。

アジャシャンティは、「天と地がひっくり返る」と表現していたと思います。

確かにその通りなんです。

そして、世界の実在性が崩壊するということは、本当の意味での、個人性の崩壊でもあります。

「「私は在る」を悟った時点で、個人性は崩壊しているんじゃないの?」と思うかもしれません。

実は、巧妙に、個人性は続いているんです。

「私は、体を持った個人なんだ!」という認識を討ち取った時に、自我(意志)は巧妙に、意識と一体化するからです。

関連記事:「意志」と「意識」の違いとは?

ここらへんは、非常に巧妙です。

基本的には、気がつけないと思っておいたほうがいいと思います。

それまでは、「私は、体だ!」と思っていたのに、実はそうではないということがバレそうになると、「私は、意識であり、意志だ!」というポジションにシームレスにシフトします。

自我(意志)というのは、実体がないゆえに、様々なものにシフト(一体化)することができます。

関連記事:そもそも、自我ってどういうものなのか?【エゴとは?自我とは?】

世界というのは、自我(意志)にとっての遊び場です。

自我(意志)にとっては、体との一体化が解けても、世界で遊ぶことができるなら、それでいいわけです。

そこには、なんらかの個人性の継続があるんじゃないでしょうか?

なんていうことはありません。

世界を実在たらしめているのは、自我(意志)なんです。

真理の探求において、最後の残党というのは、自我(意志)たる「あなた」自身ということになります。

関連記事:「私は在る」をインスタントに悟る方法

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。