カテゴリー
Q&A

「存在」と「意識」の関係性について/存在、意識、至福【Q&A】

今回は、YSさんから頂いた質問メールを公開したいと思います。

YSさん、ありがとうございます。

テーマは、サット・チット・アーナンダ(存在、意識、至福)についてです。

「至福」については感覚的にも理解しているけれども、「存在」と「意識」について、僕がどう捉えているのか知りたいというご質問です。

YSさんからの質問

山家さん、初めまして。
ちょっと前の、意志と意識の違いが大変参考になりました。そこで質問なんですが、サットチットアーナンダ、存在、意識、至福という言葉があります。至福は分かるんですが、今まで思っていた存在、意識は、意識と意志だったんだと気付きました。山家さんは存在と意識をどう捉えているのか教えてください。

山家による確認

YSさん
こんにちは。

ご質問ありがとうございます。
意志と意識の違いの記事が参考になったようで良かったです。

ちなみに、至福というのは、感覚としても分かる感じでしょうか?
それによって、回答も変わってくるかもしれません。

YSさんからのお返事

山家さん、返信ありがとうございます。 至福については、長年瞑想をやっていて(本格的ではありませんが)、胸の辺りで非常に気持ちいい、平和な感覚を感じることが多く、これが至福だろうなと思っています。

回答

それはきっと、至福ですね。
であれば、まさしく、存在とは何かを理解することが、YSさんにとっての核心になるかもしれません。

簡単に言ってしまえば、存在というのは、意識によって気がつかれるものの全てです。
なので、当然、意志も、存在ということになります。

でも、存在は、意志だけに限られるわけじゃありません。
視覚によって見える、目の前の世界も、存在です。
聴覚によって、聞こえる音も、存在です。
触覚、味覚、嗅覚によって感じられるものも、存在です。
感情だって、存在です。

ただ、それらの存在というのは、一時的なものですよね。
意志だって、現れては、消えていきます。
思考みたいなものですから。

5感覚で感じられることだって、刻一刻と変化していきます。
感情だって、変わっていきます。
YSさんの場合には、日常生活の中でも、至福でいることが多いのであれば、感情の変化は少ないかもしれませんが。

なので、「サット(存在)」のことを、仏教では「諸行無常」と言うんですね。
https://ku-haku.jp/sanpouin/

ただ、マインドからすれば、存在というのは、この物理的な世界、宇宙のことなんじゃないかと思えるんですよね。
「だって、この世界は実在してるじゃないか!」
「人類は月面着陸だってしたし、宇宙だって、きっと実在しているに違いない!」
って思えるんです。

そして、マインドは、意識とは何かということを、拡大解釈するようになります。
「意識というのは、この宇宙すら内包しているものだ!」って。

そうすれば、サットチットアーナンダというのは、なんとなく理解できるものになるからです。
アーナンダを理解しているのなら、なおさらだと思います。

そして、「あなたの中に世界がある」という言葉も、なんとなく、理解ができるものになります。
僕も、そういう風に理解していた時期があります。

ただ、それだと、とても真理を悟ったという風には思えないんですよね。

「自分は意識だけど、地球の裏側にある意識も自分だとは思えないな〜」
「宇宙に存在する意識も、この自分ってことなのか?そうは感じられない」
ということになります。

マインドは、こういったことに対して、ブラフマンとアートマンという概念を持ち出すこともあります。
「生きている間は、自分はアートマンという存在で、限定されているけど、本当のところはブラフマンと同じなんだよね」とか。

でも、それはマインドの勘違いなんです。
何を勘違いしているのかというと、記憶を、現実だと勘違いしているんです。

その勘違いゆえに、記憶を元に作り出すイメージも、現実だと認識します。
例えば、地球の裏側とか、宇宙とか。

でも、実際のところは、地球の裏側というイメージや、宇宙というイメージは、この、今、認識している意識の中に現れるものです。
それは、意識に気がつかれる存在であり、一時的なものです。

それでも、YSさんは、「そういったイメージは、単なるイメージなんかじゃなくて、実際に、この意識の外側に実在するはず」という認識を、感じるかもしれません。
実は、そういった認識が、無知と言われるものの根源なんです。

サット(存在)を理解するということは、この意識の外側に、存在なんていうものはなくて、すべての存在は、この意識の中にしかないということを理解することなんです。

そして、自覚できないチット(意識)なんていうものはありません。
今、自覚できている意識の外側に、意識は存在しません。

宇宙をイメージして、その宇宙を内包する超越的な意識をイメージすることもできますが、そのイメージは、今、自覚できている、この意識の中でのみ、存在することができます。

言ってみれば、今、自覚できている、この意識が存在する全てであり、この意識の中に、あらゆる一時的な存在があります。
そして、その中心に、アートマンたるハート、アーナンダ、至福があります。
そして、それはブラフマンでもあります。

実のところ、この意識も、一時的な存在であり、ブラフマンのみが、唯一の実在です。

これが、世界を超えた、存在という現象の全容です。

世界は実在しているという認識が強い場合、こういった概念の方が、幻想的に感じるかもしれません。
僕も、世界の実在性を疑ってみた時、自分が、とんだ幻想を抱いているように感じました。

でも、そういった錯覚は、すべて、記憶を現実だと思いこんでいる認識から生まれます。
なので、疑ってみてください。

とはいっても、特別に、何かをする必要はないですけどね。
瞑想的な日常生活を送るだけで、次第に、記憶を現実だと思いこんでいる認識は、解体されていきます。

思考やイメージが発生する瞬間を目撃することが多くなっていくからです。
無自覚に、世界というイメージを参照して、それを現実だと思いこむことと、世界というイメージは、記憶から作り出されているということを自覚していることには、大きな違いがあります。

その自覚を保ち続けるなら、世界が実在しているという認識は、やがて、崩壊していきます。
それが起こったなら、ある時にハッと気がつくはずです。

他人の承認なんて必要ないですし、悟りという現象が起こったことは、ハッキリと自覚できると思います。

こんな感じでしょうか。
またなにかあればご連絡ください。

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。