カテゴリー
形而上学(世界の根本原理) 探求

「夢」と「意識」はどんな関係性になっている?【夢の正体】

あなたは「夢」って見ますか?

寝ているときに見る方の夢です。

誰しもが、なにかしらの夢を見たことがあると思います。

先日、うちの妻が、こんなことを言ってきました。

「昨夜、自分が付箋になって、本に挟まれていく夢をみたんだけど。。。」

へ〜、変な夢を見るもんだなあと思って、「まあ、それも一種の一体化だよ」というと、「え?どういうこと?」という反応でした。

人は、この体とだけ一体化するわけじゃありません。

夢の中でも、一体化は起こるんです。

というわけで、今回は、夢と意識の関係性、夢の正体についてお話しようと思います。

夢の中では、あなたは誰?

夢の中では、あなたは誰でしょうか?

うちの妻みたいに、付箋になってしまう人は少ないかもしれません。

でも、自分ではない何かになってしまう人は、もしかしたら、少なくないのかもしれません。

僕の場合には、そもそも、体が無いんじゃないかと感じることが多いです。

空気中の、単なる視点を、自分自身だと感じていることが多いような気がします。

もちろん、自分の体があることもあります。

でも、それを後ろから眺めている視点だったりもします。

であるなら、その体が自分というわけじゃないですよね。

でも、そこには、「自分が存在する」という感覚があります。

ちなみに、僕の夢は、モノクロームです。

カラーじゃありません。

これは、人によって、結構、差があるみたいですね。

夢は、この世界とは別のものか?

夢というのは、この世界とは別のものなんでしょうか?

僕は、ドラゴンボール世代です。

夢の中に、悟空とベジータが登場したことがあります。

ベジータにギャリック砲を撃たれたところを、悟空に助けてもらうという、胸アツな夢を見たことがあります。

(ドラゴンボールを知らない方、すみません。。)

それって、明らかにこの世界とは別のもののように感じますよね。

完全に、アニメの世界です。

まあ、その時、自分がどういう姿だったのかということは、あまり明白に覚えていません。

その時も、実は、単なる視点だったのかもしれません。

でも、その世界は、この現実とは違うもののようにも感じられます。

寝ている間に、魂だけが抜け出して、この世界とは違う、別の世界を体験していると想像することもできます。

でも、そうじゃないんです。

夢と、この世界は、同じところに属しています。

同じところというのは、この「意識」のことです。

僕は、世界は実在しているわけじゃないと良く言います。

関連記事:世界は幻想なのか?

それは、夢の世界も同じです。

あらゆる世界に、実体はありません。

この意識の中で、いろんな世界が実在しているように感じられているだけなんです。

「夢」とは、単なる「思考」です。

僕は夢を見ているときに、目が覚めたことがあります。

夢を見ているという感覚を保ったまま、物理的に、目が開きました。

どうなったと思いますか?

夢は、数秒間、持続しました。

目を開きながら、意識がハッキリと覚醒したにも関わらず、夢はそこにありました。

なんていうことはないんです。

夢の正体というのは、単なる「思考」なんです。

「イメージ」というべきでしょうか。

夢というのは、この、意識によって気がつかれている、単なる思考です。

こういった経験は、1回しかしたことがありませんが、夢の正体を知るには十分な回数です。

つまりは、人は、起きている時においても、夢を見ていることが多いということなんです。

人によっては、ほとんどの時間、夢見ている人もいるでしょう。

過去を思い出して怒ったり、悲しんだり、未来を思い描いては、ワクワクしたり、悲観したりします。

それが、夢と同じであるということの自覚無くです。

まさしく、それは白昼夢です。

真理を悟った人は、そのことの自覚があります。

実在する世界が、この意識の外側にも広がっているとイメージするのも、実は、夢と同じなんです。

なので、「この世は夢みたいなものである」という覚者もいます。

そして、それゆえに、真理を悟った人を、「目覚めた人」と呼ぶんですね。

実際に、今、なにかをイメージしてみてください。

そのイメージの質感と、夢の質感は、似てはいないでしょうか?

モノクロームの夢を見る人は、イメージもモノクロームでしょう。

カラーの夢を見る人は、イメージもカラーだと思います。

違うのは、寝ている間に見る夢には、体の5感覚が無いというだけです。

起きている間に見るイメージには、世界という背景があります。

でも、世界という背景が消えるならば、それは、夢とソックリなんじゃないでしょうか?

意識はすべての世界を超えている。

多くの人は、この世には、様々な世界があると思っているんじゃないでしょうか。

夢の世界も、その1つです。

この世界は、3D空間に時間をプラスした、4次元ですが、5次元の世界もあると思っている人もいると思います。

もっと高次元の世界もあると思っている人もいるでしょう。

神々の世界や、地獄といった世界もあると思っている人も、いると思います。

そういった世界は、人間の理解を超えているように思えます。

でも、実際のところは、意識としてのあなたは、そういった、すべての世界を超えているんです。

すべての世界は、あなたの中にあります。

関連記事:「私の中に世界がある」ってどういうこと?

でも、そうは感じられないとしたら、どこかで、勘違いが起こっているんです。

すべての元凶は、意識たるあなたが、自身を、意志だと勘違いしてしまったことでしょう。

意志は、あらゆるものと一体化しようとします。

まずは、体と一体化します。

そして、あろうことか、意識とも一体化します。

関連記事:「意志」と「意識」の違いとは?

記憶とも一体化します。

そして、場合によっては、付箋とも一体化するのかもしれません。

これは別に、驚くべきことじゃないんです。

あらゆる世界は、この意識の中にあります。

夢の世界もそうです。

夢の中で、付箋に意識が集中するなら、付箋と一体化してしまっても、おかしくはありません。

まあ、それは、偽りの一体化ですけどね。

そもそも、付箋には目がないですよね。

自身が、本に挟まれるということを、目撃することなんてできないんです。

おそらく、付箋には触覚もないでしょうし。

なので、それを目撃しているのは、本来の自分である、意識です。

寝ているので、肉眼は機能しませんが、意識に備わっている、霊的な眼が、それを目撃します。

そして、そこには「自分が存在する」という感覚があるので、まるで、自分が付箋になったかのように感じられるかもしれません。

こういった、意識と、意識される対象との関係性は、起きているときにも言えるんです。

体には、5感覚が備わっているので、夢に比べて、リアリティがとても高いです。

肉眼を通して見る、この世界は、とてもリアルに見えます。

触覚もリアルです。

でも、思考やイメージに気がついているのは誰でしょうか?

思考やイメージというのは、体の5感覚で感じているわけじゃありません。

イメージは、肉眼で見ているわけじゃないんです。

見ようと思っても、肉眼じゃ見れないと思います。

例えば、富士山をイメージしたとして、誰かに、「この富士山のイメージ、写真で撮って!」って頼んでも無理でしょう。

肉眼じゃ見れないからです。

イメージを見る機能を持っているのは、意識です。

思考だってそうです。

思考は、耳で聞けるわけではなく、意識で認識されます。

感情だってそうですね。

そう考えると、自分は体ではないということは、明白なんじゃないでしょうか?

なにしろ、体は、思考、イメージ、感情といったものを、認識できません。

あくまでも、5感覚を感じられる受容体であり、肉体です。

思考、イメージ、感情といったものは、意識によって認識されます。

だからこそ、人は、寝ている時に、夢を見ることができます。

寝ている時の夢と、未来への夢は、本質的には同じもの。

夢というのは、寝ている時に見る夢と、未来への希望としての夢は、別々のものとして扱われることが多いと思います。

でも、実は、どちらであっても、本質的には同じものなんです。

日常生活の中で、未来への夢を見ることは、寝ているときに夢を見ていることと、本質的には同じです。

これは、理解がし難いかもしれません。

「じゃあ、未来への夢を見ちゃいけないのかよ!?」って思うかもしれません。

もし、本気で真理を悟りたいと思うのであれば、未来への夢を見ないようにしていく必要があります。

それは、寝ていることと本質的には同じだからです。

覚醒状態というのは、今ここに、何の思考もイメージも感情も無い状態のことです。

それが、目覚めているということです。

でも、そこには、なにも無いわけではなくて、「私は在る」という感覚と、意志から解放された感覚があります。

関連記事:「私は在る」をインスタントに悟る方法

自分自身を、意志だと思い続けている限り、未来への夢を見続けることは、止められないと思います。

もちろん、それが良くないわけじゃありません。

むしろ、世間的には、それは良いことと評価されることの方が多いと思います。

でも、こと、真理の探求においては、未来への夢を見続ける限り、意志との一体化は続いてしまいます。

そして、それは、分離感を生み出しつづけます。

意志自体が、夢の1つなんです。

なので、どこかの時点で、人は、「夢を見続けるのか?それとも、夢から目覚めるのか?」ということの、決断を迫られるのかもしれません。

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。