カテゴリー
形而上学(世界の根本原理)

なにが正しいのか、本当のところは確認できない

このブログでは「世界は実在しない」とか「時間は記憶だ」とか「虚無は有である」とか、結構、形而上学的なこともお話しています。

できるだけ、分かりやすく、理屈っぽく、体系的にお話しているつもりなのですが、本当のところは、そういったことを、証明することはできません。

「そんなのは、ただの詭弁だ」と言われるのならば、その通りなんです。

ただ、それは、その逆についても言うことができるんです。

反対に、「世界は実在する」ということを、証明することができる人はいるでしょうか?

多くの人は、ただ、根拠なく「世界は実在する」と思い込んでいるだけなんじゃないでしょうか?

いざ、そのことを証明しようとすると、飛躍的に、その難易度は上がります。

今、この瞬間、目の前に「無い」モノを、どうやって、実在していると証明することができるでしょうか?

確認しようとすることは、記憶に依存する。

人は、何かの存在を確認しようとするときには、5感覚をフル動員します。

例えば、今、僕の目の前にある、Macbook。

確かに、目の前にあります。

指先で、キーボードに触れてタイピングします。

カチカチというタイピング音も聞こえてきますし、指先に、キートップと触れる感覚もあります。

それに合わせて、ディスプレイに、文字が表示されていきます。

確かに、Macbookは、目の前に存在しています。

それは、疑いようがありません。

そして、それを確認したという事実が、記憶されます。

この記憶のおかげで、今、目の前に「無い」モノでも、存在していると感じることができます。

例えば、僕が、これから散歩に出かけるとすると、目の前から、Macbookは消えます。

でも、記憶があるので、「Macbookは家にあるよ!存在してる!」って思うことができます。

でも、記憶は、単なる記憶です。

それは、存在の証明にはなりません。

もし、散歩に行っている間に、泥棒に入られて、Macbookを持ち去られたとしたらどうでしょうか?

記憶と、目の前の現実が、食い違うことになります。

Macbookは存在しなくなってしまいます。

「持ち去られたというだけであって、Macbookは世界のどこかに存在するんじゃない?」って思うかもしれません。

でも、もしかしたら、Macbookはアルミニウムとして溶かされて、アルミ缶として再利用されているかもしれません。

そう考えると、世界が実在していることを証明することは、かなり難しいということが分かるはずです。

記憶は、存在の証明にはならないからです。

少なくとも、世界は、記憶の通りには存在していません。

本当の意味で、この世界を知っているという人は、誰もいないんです。

記憶どころか、この意識をも、超えたもの。

僕は、「虚無」を「有」だと言います。

虚無は、恐れるようなものではなく、それはニルヴァーナであり、自分自身だと言います。

でも、それを証明することは不可能です。

記憶は、虚無に対して何の役にも立ちません。

虚無の中には、記憶するような何かは無いからです。

熟睡中のことは、なにも記憶していないのと同じですね。

そして、もっと言うのであれば、虚無に対しては、意識すら無力です。

意識があるということは、この世界においては、あらゆることの基盤です。

意識がなければ、記憶だって利用できません。

でも、虚無というのは、この意識を超えたものです。

意識が、ここに無くても、虚無は常にここにあります。

ただ、それを確認することはできないんです。

ましてや、証明することは不可能です。

意識がここにあるとき、虚無がここにあることを、ハートで感じることができます。

「虚無感」という言葉がありますよね。

その名の通り、虚無というのは、感情を感じる部分で、まさしく、感じることができます。

でも、それは、意識がここにあるときだけです。

意識がここに無いとき、ここに、虚無があるということを、証明することはできません。

それを証明しようとする存在が、そこには不在だからです。

「意識が無い状態を、確認してきた」だなんて言える人は、誰もいないんです。

確認できるのは、分離感の無さ、死の恐怖の消滅、だけです。

人が、確認することができるのは、分離感が無くなること、死の恐怖が無くなること、それだけです。

でも、真理を探求する人にとっては、それが全てです。

それだけで十分なんです。

もちろん、そういったことを確認できるのは、ここに意識がある時だけです。

でも、ここに意識が無い時も、「私は在る」ということを確信します。

虚無が、常にここに在るということを確信します。

虚無が、ニルヴァーナであることを確信します。

虚無が、自分自身であることを確信します。

意識すら、ここから発生するということを確信します。

この体が、生きていようが、死んでいようが、本質的には同じだということを理解します。

ハートが、それを理解します。

でも、それを他人に証明することは不可能です。

自分自身、マインド的には、ハッキリとは理解できないことが残ります。

マインドは、「意識が無い状態のことは、確認しようがないじゃないか!」と言います。

死後のことは、死んでみないと分からないと言われます。

でも、実際のところは、死後のことは、死んでも分からないでしょう。

でも、マインドにも分かることがあります。

それは、生きていようが、死んでいようが、求めるものは同じであるということです。

虚無を求めます。

ニルヴァーナを求めます。

ハートを求めます。

真我を求めます。

自分自身を求めます。

生きている中でも、それを求めるようになるならば、死を恐れることはなくなります。

だって、そこに、世界が有るか無いかは関係がないからです。

もちろん、生きていれば、体が傷つくことは恐れます。

体に備わった、生存本能は機能しつづけます。

でも、死、そのものを恐れることはなくなります。

それが、マインドが行き着く結論です。

「死後のことは分からないけどさ、この意識と、記憶と、5感覚が消えるだけなら、今と大して変わらなくない?」ということになります。

でも、こういったことは、個人的な見解です。

本当の意味で、それが正しいのかどうかを、他人に証明することは不可能です。

各自がそれぞれ、確認する必要があります。

【関連記事】「私の中に世界がある」ってどういうこと?

【関連記事】記憶があるから、時間が存在する

【関連記事】「虚無(絶対無)」を唯一の「有」と見抜く

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。