カテゴリー
形而上学(世界の根本原理)

記憶があるから、時間が存在する

時間って存在すると思いますか?

普段の生活を送っている中で、時間を意識しない人はいないと思います。

1日に何回も、時計をチェックしますよね。

なので、当然のことながら、「時間は存在している」と思っているはずです。

ところが、覚者は「時間は存在しない」と言います。

これ、納得できるでしょうか?

今回は、時間と記憶の関係性について、お話しようと思います。

時間の存在を疑うことは難しい。

基本的に、時間の存在を疑うことは難しいと思います。

時間が存在しないということは、「今」すら存在しないということを意味するからです。

「いやいや、「今」は確実に存在してるじゃん」って思うんじゃないでしょうか?

「いまここ」という言葉だってあります。

それは、疑いようがないことのように思えます。

多くの人は、「時間が存在しない」ということを、イメージすらできないんじゃないでしょうか?

「時間が無いってどういうこと?例え、この世界が滅びたって、時間だけはあるんじゃないの?」って思うかもしれません。

どんなイメージをしたって、そこには時間があるように感じられるんじゃないでしょうか?

旅行をすると、なぜ、時間が長く感じるのか?

少し、切り口を変えます。

多くの人は、旅行をした経験があると思います。

国内なら、3泊4日とか。

ハワイなら、機内泊含めて5泊7日とか。

旅行したことがある人なら分かると思いますが、旅行中って、時間がとても長く感じますよね。

1週間の旅行が、まるで1ヶ月に感じたりします。

それって、とても不思議ですよね。

時間というのは、一定のスピードを保っているかのように思えます。

時計の秒針は、一定のスピードを保ってますよね。

でも、体感的には、時間のスピードには、差があったりするわけです。

旅行以外にも、例えば、子供のころは時間が長く感じませんでしたか?

僕なんかは、小学生の6年間はとても長く感じました。

でも、大人になると、時間のスピードは早くなります。

あっという間に1週間が終わっているなんていうことになります。

これは、記憶と時間が関係しているからです。

記憶の密度が、時間の長さと関係しています。

未知の体験、刺激的な体験、そういったものは、記憶の密度が高いです。

そうすると、時間が長く感じられます。

一方、既知の体験、刺激のない体験は、記憶の密度が薄いので、あっという間に感じられるでしょう。

これは、多くの人が体験的に理解していることなんじゃないでしょうか?

熟睡中は、なぜ、時間を感じられないのか?

一方、熟睡中って、時間を感じますか?

熟睡中は、時間を感じないはずです。

記憶もないからです。

記憶がないのであれば、密度だってありません。

時間を長く感じるとか、短く感じるとかもありません。

ただ、そこには時間がありません。

それって、「時間は存在しない」ということなんじゃないでしょうか?

でも、多くの人は、こう思うはずです。

「いやいや、熟睡中は時間を感じられなくても、寝て起きたら時間は経過してるよ!」って。

確かにその通りです。

でも、そう思うことができるのは、今、あなたが起きているからです。

起きていて、記憶を参照することができて、寝ているときの状態をイメージできるからこそ、「寝て起きたら時間は経過しているよ!」と思うことができます。

なので、「時間は存在する」と思うはずです。

そして、そう思うことは当然のことだと思うはずです。

世界中のすべての人が、そう思っているはずだと。

でも、本当にそうでしょうか?

それは、単なるイメージ(記憶)です。

記憶は、時間が存在するという根拠になりうるでしょうか?

時間は、記憶によってシミュレーションされている。

実は、記憶は、時間が存在するという根拠になり得ます。

というより、記憶が、時間という存在をシミュレーションしているんです。

時間というのは、記憶が作り出す、概念みたいなものです。

実体はありません。

これは、なかなか理解し難いかもしれません。

多くの人は、まず、この世界があって、この世界には時間が流れていて、その中の個人が、記憶を持っていると思っているはずです。

でも、実は逆なんです。

ここには個人がおらず、ただ、ここに記憶の蓄積があり、その記憶を元に、この世界が創造されていて(個人としての自分すらも)、記憶の前後関係から、時間という概念も創造されています。

「そんなバカな!」と思うかもしれません。

そんなのトンデモ話だと思うかもしれません。

でも、僕は、こういった話を、信じてもらうためにしているわけじゃありません。

確認してもらいたいと思って話しています。

なんで、僕にこういったことが分かるのかというと、記憶の重要性がとても低いからです。

記憶を信頼していないとも言えると思います。

記憶の重要性が、ある臨界点以下にまで下がると、世界が実在しているという認識は、崩壊していきます。

そして、その時に、時間も存在していないということが理解されます。

この2つの理解はセットみたいなものです。

なので、覚者は「世界は幻想だ」と言ったり、「時間は存在しない」と言ったりします。

あなたは、記憶をどういう風にとらえているでしょうか?

信頼できるものでしょうか?

大事なものでしょうか?

それは、未来へのイメージも含まれます。

記憶を重要なものだと位置付け続ける限り、「世界」と「時間」は存在しつづけます。

【関連記事】世界は幻想なのか?

【関連記事】どうすれば「世界は実在している」という認識は崩壊するのか?

【関連記事】自我は「記憶」を利用する

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。