カテゴリー
形而上学(世界の根本原理)

曼荼羅(マンダラ)と世界

僕はこのブログの中で、いくつかの切り口で、世界は実在しているわけではないということをお話しています。

今回は、また違った切り口で、お話しようと思います。

密教には、曼荼羅(マンダラ)という絵があると思います。

Wikipediaを見てみると、「諸仏諸尊が集会する楼閣を模式的に表した図像」と書かれています。

ほとんどの人は、教科書などで、1回は見たことがあるのではないかと思います。

僕は、密教について詳しいわけではありません。

密教は、仏教の一部だと思われているかもしれませんが、その実態は、祭式を重んじるヴェーダに近いのではないかと思っています。

そんな、曼荼羅なのですが、実は、この世界の実像を表している絵なのではないかと思います。

曼荼羅には、世界が描かれていない。

Wikipediaから、曼荼羅の絵を引用します。

不思議な絵ですよね。

この絵は、曼荼羅のひとつの例ですが、ほとんどの曼荼羅は、こんな感じに描かれていると思います。

でも、この絵が、この世界の実像を表しているだなんて、ほとんどの人は思えないんじゃないでしょうか?

「この絵は、あくまでも仏の世界を表したものであって、この現実世界とは別のものでしょ?」って思うんじゃないでしょうか。

そもそも、この絵には、「世界」と呼べるものが描かれていません。

人と人の間に、金剛杵(ヴァジュラ)と呼ばれるものが挟み込まれているのが確認できるぐらいです。

ちなみに、金剛杵というのは、ヴェーダの中にも登場する、インドラという神が使う武器です。

このことからも、密教というのは、ヴェーダの影響が大きいように思えます。

絵の四隅にも、なにか壺のようなものが描かれていますが、それが何かは、僕にはちょっと分かりません。

ともあれ、この曼荼羅が、この世界の実像を表しているとは、とても思えないんじゃないかと思います。

世界が存在するための、空間の存在を感じられないんじゃないでしょうか?

アートマンの中に、それぞれの世界がある。

実は、曼荼羅というのは、アートマンとブラフマンの関係性、言ってみれば、梵我一如を、絵として表したものなのではないかと思います。

中心の、大きな人が、ブラフマンで、それを取り囲むように、アートマンが配置されています。

この曼荼羅では、8人ですね。

それぞれ、独立しているように見えて、実は、繋がっています。

でも、そのことと、世界というのは、どう関係しているんでしょうか?

アートマンとブラフマンの外に、実は、世界が広がっているんでしょうか?

もしそうなのだとすれば、この曼荼羅の絵は、少し、情報が足りなすぎじゃないでしょうか?

世界という情報が、完全に無視されているような描かれ方をしています。

本当は、もっとキャンバスを広げて、広大な世界を描いてもいいようなものです。

そして、その広大な世界を、それぞれのアートマンが共有しているように描いても、いいようなものです。

おそらく、多くの人には、こういった考え方のほうが、シックリくるんじゃないかと思います。

実際のところ、そのように描かれた曼荼羅もあります。

これも、Wikipediaからの引用です。

むしろ、曼荼羅と言えば、「この絵!」と思う人も多いかもしれません。

でも、この絵を見ると、ブラフマンと繋がっている8人以外は、ブラフマンと分離しているように見えます。

そんなことは、あり得ません。

世界というのは、アートマンとブラフマンの外にあるわけではないからです。

世界は、それぞれのアートマンの中にあります。

世界とは、潜在的な存在。

「世界は、一度たりとも創造されたことがない」と言われることがあります。

それは、つまりは、世界というのは、アートマンの中にあるからです。

世界という実体があるわけじゃありません。

あるのは、アートマンという実体だけであり、それは、ブラフマンそのものでもあります。

多くの人は、この世界には、空間があると思っていると思います。

でも、実際のところは、空間というものもありません。

記憶があるがゆえに、空間があるように感じられているだけです。

例えるならば、写真の中に、空間というのはありませんよね?

もし、記憶がないのであれば、視覚というのは、一瞬一瞬だけのものです。

その、一瞬の視覚から、空間を認識することはできないでしょう。

写真と同じようなものだからです。

時間だって、記憶があるがゆえに、あるように感じられます。

このことは、こちらの記事「記憶があるから、時間が存在する」でも書いています。

とはいえ、世界中の人が、同じひとつの世界を共有しているように感じられます。

それは、すべてのアートマンが、同じ1つのブラフマンでもあるからです。

言ってみれば、世界というのは、潜在性として存在しています。

世界というのは、ブラフマンの中に、データみたいな状態で、格納されていると言ってもいいのかもしれません。

そして、それぞれのアートマンごとに、必要なデータが引き出されます。

今、この瞬間もです。

世界というのは、あなたの中にあるんでしょうか?

それとも、世界というのは、あなたの外にあるんでしょうか?

もっと、例え話をしてみます。

ダイニングに、大きなテーブルと、8つのイスがあるとします。

その8つのイスに、8人の人が座ります。

この時、多くの人は、その状況を、3D空間としてイメージすると思います。

「ダイニングに大きなテーブルがあって、8つのイスがあって、そのイスに、8人の人が座るのね」って。

でも、その3D空間というのは、実際には実在はしていません。

あるのは、8つのアートマンであり、それぞれ視点の違う、5感覚をともなう映像のようなものです。

その状況は、最初の曼荼羅の絵のようなものです。

どこに、実在する世界があるでしょうか?

もちろん、覚者といっても、体をもつ個人としては、この世界を3D空間として認識します。

でも、梵我一如としての視点からは、この世界は、曼荼羅のように感じられるんです。

最後に、バガヴァッド・ギーターから、クリシュナの、この言葉を引用したいと思います。

「私より高いものは他に何もない。アルジュナよ。この全世界は私につながれている。宝玉の群が糸につながれるように。」

【関連記事】「私の中に世界がある」ってどういうこと?

【関連記事】世界は幻想なのか?

【関連記事】どうすれば「世界は実在している」という認識は崩壊するのか?

【関連記事】バガヴァッド・ギーターを、わかりやすく解説

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。