カテゴリー
仏教(ブッダ)

三法印が正解で、四法印はありえない理由

前回の記事「諸行無常・諸法無我・涅槃寂静【三法印】」で三法印についてお話した繋がりで、今回は、四法印についてお話したいと思います。

仏教の宗派の中には、三法印に「一切皆苦」をつけ足して「四法印」と謳っているところもあるようです。

でも、そもそもの、三法印の意味を考えると、それはちょっとあり得ないのではないかと思います。

それは何故なんでしょうか?

一切皆苦は、真理か?

法印というのは、真理を言葉で言い表したものです。

三法印の場合には、諸行無常、諸法無我、涅槃寂静です。

前回の記事「諸行無常・諸法無我・涅槃寂静【三法印】」を読んでいただければ、この3つの言葉が、真理を言い表しているということを、なんとなく、理解してもらえるんじゃないかと思います。

じゃあ、「一切皆苦」はどうなんでしょうか?

一切皆苦というのは、真理を言葉で言い表したものなんでしょうか?

一切皆苦は、話を聞いてもらうための「つかみ」です。

ブッダは、確かに、一切皆苦を説いたと思います。

でも、それは、おそらく、話を聞いてもらうための、「つかみ」として使われたのではないかと思います。

「いや〜、人生って辛いよね。苦しみに満ちているよね。戦争は起こるし、人は年老いていくし、病気にもかかるし、最終的には死んでしまうしね。「世界で生きるということは、なんでこんなにも苦しいんだろう?」って疑問に思う人もいると思うんだ。私もそうだった。だから、王子の地位を捨てて出家したんだ。でも、苦しみには原因があるんだよ。苦しみは滅することができるんだよ。私はその方法(八正道)を発見したんだ。」

ブッダは、こういう風に、四諦(したい)を説いたのかもしれません。

ブッダは、四諦と八正道を説いたと言われています。

四諦の、1番最初にくるのが、まさしく、一切皆苦です。

こういったことは、別に、真理の話とかに限らないと思います。

ビジネスの世界でも、「まず、話を聞いてもらう」ということが、1番最初のハードルです。

話を聞いてもらいたくても、門前払いを受けることだってありますよね。

他にも、例えば、ダイレクトメール(封筒に入った広告みたいなもの)とかだと、まず、開封してもらうというのが、1番最初のハードルになります。

大抵は、開封されずに捨てられてしまうのがオチです。

なので、封筒を透明にしてみたり、封筒そのものに、キャッチコピーとなる言葉を印刷したりします。

例えば、「苦しみにサヨナラしませんか?」とか。

怪しいですね。。

「まず、話を聞いてもらう」ために、多くの人は、なにかしらの策を打つわけです。

ブッダの場合には、それが、一切皆苦だったのだと思います。

言ってみれば、話の導入部分です。

主張したいことの、前提条件みたいなものです。

そこから、話は、別の方向に展開していきます。

「一切は苦しみのように感じられる。でも、苦しみには原因がある。苦しみは滅することができる。私はその方法を知っている。」という感じにですね。

なので、一切皆苦が真理を言い表しているということはあり得ません。

むしろ、その逆です。

無知ゆえに、一切皆苦のように思えるんです。

なので、一切皆苦というのは、真理に属するというよりも、無知に属するものです。

そう考えると、四法印というのは、考えられないんじゃないでしょうか?

【関連記事】「一切皆苦」の言葉の意味。すべては苦しみだというのは間違い?

【関連記事】スッタニパータは、本当にブッダの言葉か?

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。