カテゴリー
探求

他人とのコミュニケーション、自分とのコミュニケーション

この世界は、他人とのコミュニケーションによって成り立っています。

他人に限らず、物とかもそうですね。

情報や、概念といったものもそうです。

この世界で生きている限り、他者、物、情報、概念といったものとの関わりは避けられず、そこには、コミュニケーションが発生します。

ただ、コミュニケーションには、もう1つのベクトルもあります。

それは、自分とのコミュニケーションです。

今回は、他人とのコミュニケーションと、自分とのコミュニケーションの違いについて、お話しようと思います。

他人とのコミュニケーションで、この世界は成り立っている。

人は、コミュニケーション無しに生きることができません。

生まれた時から、親とのコミュニケーションが始まります。

そして、近隣地域とのコミュニケーション、社会とのコミュニケーションと展開していきます。

現代においては、社会といえば、地球全体のことであり、インターネット、電話などを使えば、地球の裏側にいる人とも、コミュニケーションをとることができます。

スーパーに行けば、メキシコ産のアボカドを買うこともできます。

地球規模でのコミュニケーションがあるからこそ、そういったことが可能なんだと思います。

まあ、それが良いのか悪いのかは置いておいてですが。

人は、コミュニケーション無しには生きることができません。

でも、どれだけ、コミュニケーションに関心を持つのかは、人それぞれです。

他人とのコミュニケーションに、非常に大きな関心を持つ人もいると思います。

その一方で、他人とのコミュニケーションに、たいして関心を持たない人もいると思います。

そして、そこには、コミュニケーション能力も関わってきます。

生まれつき、コミュニケーション能力がとても高い人もいるでしょう。

一方、生まれつき、コミュニケーション能力が低い人もいると思います。

そういった差は、子どもの頃からも顕著に現れているんじゃないかと思います。

ちなみに、僕は、たいして他人とのコミュニケーションに関心を持てず、かつ、生まれつきのコミュニケーション能力も低いタイプです。

こういったタイプは、そもそも、他者への関心が低いので、コミュニケーション能力も向上しない傾向があります。

なぜ、人は生まれつきの能力が違うのか?

なぜ、人は、生まれつきの能力に差があるんでしょうか?

それは、コミュニケーション能力だけに限りませんよね。

それは、性格的なものもあると思います。

生まれつき、聖者のような性格を持つ人もいれば、生まれつき、暴力的な性格の人だっているでしょう。

思考パターンの差もあると思います。

あまりにも非現実的な思考パターンを持つ傾向があると、仕事に支障がでる可能性だってあります。

現実的な収支計算ができなければ、ビジネスをすることは難しいです。

スパッと物を捨てられる人もいれば、物をため込んでしまう人もいると思います。

例を上げればキリがありませんが、人それぞれ、生まれ持った特徴というのは違います。

おそらく、すべてに万能な状態で生まれてくる人はいないでしょう。

なので、人には、出来ることと、出来ないことがあります。

どう頑張っても、出来ないことというのはあるものです。

例えば、僕の場合には、政治家になることは不可能でしょう。

まぁ、なりたいとも思いませんが。。

とはいえ、生きていくには、多少なりとも他者とコミュニケーションをとっていかなければいけません。

でなければ、仕事になりません。

そこで僕がとった選択は、文章能力を高めることでした。

僕は、文章能力も、どちらかといえば苦手な方でした。

携帯メールは、基本、1行で済ますタイプの人間です。

今だって、そんなに上手ではないのですが、とりあえず、分かりやすく伝えるという技術は身についたかなとは思います。

これは、後天的に身につけた間接的なコミュニケーション技術といっても良いかも知れません。

もし、僕が生まれつき抜群のコミュニケーション能力を持っていたなら、こんな努力はしなかったでしょう。

このブログも書いていなかったかもしれません。

というより、書けなかったでしょう。

こんな風に、人は、最低限の努力をする必要はあるのかもしれません。

でも、必要以上の努力は、不要なのではないかと思っています。

人は、自分の理想を実現するために、大変な努力をしたりします。

場合によっては、自分が苦手なことを克服する努力をすることもあります。

僕も、したことがあります。

でも、大抵の場合には、そういった努力は上手くいきません。

「苦手だ!」ということが、「ちょっと苦手かな?」ぐらいになるだけでしょう。

それが大好きで、努力しているという感覚なく、それに没頭できる人には、まったく太刀打ちできません。

例えば、孫正義氏は、本当に、ビジネスが大好きなんだと思います。

「ちょっとお金儲けしたいな」というぐらいの人では、まったく太刀打ちできないでしょう。

探求の世界では、人の役に立ちたいと思っている人が、結構いるように思います。

それは、素晴らしいことです。

でも、人の役に立つって、一体どういうことなんでしょうか?

世界にインパクトを与えるぐらいのことをしたいのであれば、それなりの才能が必要になってきます。

もし、そうする運命なのであれば、生まれつき、そういった能力が備わって生まれてくるはずです。

もしくは、後天的に、能力を高めていけるはずです。

でも、そうではないなら、嫌々努力しているという感覚があるのなら、そうすることは、反対に、運命に逆らっていることなのかもしれません。

そこには、激しい分離感があるでしょう。

であるなら、他者とのコミュニケーションに向かう前に、自分とのコミュニケーションに向かう必要があるのかもしれません。

自分とのコミュニケーションには、能力は不要です。

自分とのコミュニケーションには、コミュニケーション能力は不要です。

その他の能力も不要です。

世界の中で、必要とされるあらゆる能力が不要です。

これは、素晴らしいことなんじゃないでしょうか。

世界の中では、出来ることと、出来ないことがあり、まるで、行動を制限されているかのように感じることもあります。

そこは、競争の世界です。

でも、自分とのコミュニケーションには、なんの制限もありません。

どんな人であっても、自分とのコミュニケーションを、楽しむことができます。

ただ、静かにしていればいいだけですから。

人によっては、その、「静かにしている」ことができないかもしれません。

その場合には、多少の努力が必要です。

僕も、その努力をしました。

でも、この努力は、必ず報われるタイプのものです。

ここには競争が無いからです。

「誰の方がより静かだ」とか、そういったことがありません。

誰しもが、努力をするなら、段々と思考が収まってきて、無心でいられる時間が長くなっていきます。

それが、自分とのコミュニケーションです。

他者とのコミュニケーションとは、まったく別のベクトルですが、そこには平和があります。

そして、自分とコミュニケーションをとり続けるならば、ある時点で、コミュニケーションを超えます。

自分と自分の差がなくなり、「自分」そのものになります。

「私は在る」という状態です。

関連記事:「私は在る」をインスタントに悟る方法

そして、日常的に「私は在る」という状態でいることが多くなるなら、そして、神の恩寵が起こるのならば、本当の意味での悟りが起こります。

世界が実在しているという認識が崩壊します。

関連記事:どうすれば「世界は実在している」という認識は崩壊するのか?

もし、それでも世界の役に立つことをしたいと思うのであれば、それから世界に目を向けても、遅くはないかもしれません。

最後に、バガヴァッド・ギーターから、クリシュナのこの言葉を引用して終わりにしたいと思います。

「生まれつきの行為は、たとい欠陥があっても、捨てるべきでない。アルジュナよ。実に、すべての企ては欠陥に覆われているのだ。火が煙に覆われるように。」

関連記事:バガヴァッド・ギーターを、わかりやすく解説

アバター

作成者: 山家直生

プロフィールはこちらです。

このブログに書かれていることは、基本的には、なぜ、苦しみと退屈を避けないほうがいいのかということの説明のためにあります。

なにかご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。